« 安保法案、44議会が意見書 半数越す 慎重審議、廃案など要求 | トップページ | 沖縄宮森小米軍機墜落事故から56年、児童らが追悼集会 »

2015/06/30

「歴史忘れないで」=花岡事件生存者の張さん

 6月30日のかかわる話題を2つ。まずは花岡事件。大戦末期に秋田県大館市の花岡鉱山で、強制連行された中国人が一斉蜂起し、多数が死亡した花岡事件から70年。慰霊祭がおこなわれた。

「歴史忘れないで」=花岡事件生存者の張さん(時事通信)

 花岡事件の生存者で唯一、30日の慰霊式に参列した張広勲さん(87)は、抗日の民兵組織への参加中に日本軍に捕まり、1944年、鹿島組(現・鹿島)花岡出張所に強制連行された。「当時の歴史を忘れてほしくないという思いで、証言を続けている。戦争は二度と起こってほしくない」と訴える。
 張さんは、後に花岡事件を指揮した中国人大隊長の耿諄さん(2012年、97歳で死去)の身辺の世話係を務めていた。「ろくな食事を与えられず、いつも空腹だった。衣服の配給がなく、ぼろぼろになった服では寒さに耐えられず、セメント袋を身体に巻き付けていた」と当時を振り返る。
 蜂起については直前まで知らされず、耿さんの命令で仲間と山中に逃げた。「死ぬならそれでいい」という思いだった。結局、日本人に見つかり、「棒で殴られながら、追われる羊の群れのように山を下りた」。その後、3日間にわたり広場にひざまずかされ、殴られた。石やコンクリート片が食い込み、脚の感覚はなくなっていたという。
 終戦を知ったのは45年秋。帰国して家族との再会を果たしたが、同居していた祖母と叔父は連行中に亡くなっていた。「この時期を迎えると毎年、気持ちが沈む」。70年を経ても、事件の傷は癒えない。

 この事件についても、どこまで被害と誠実に向き合ったのかについては、いろいろあるところだけれども、だけど、いろいろあっても、この強制連行、強制労働という加害の事実は、覆い隠しようのないもの。現地ではきちんと歴史の事実は共有され、継承されている。ボクらには、この傷みにしっかり向き合い、それを伝えていく責務があることを痛感させられる。

« 安保法案、44議会が意見書 半数越す 慎重審議、廃案など要求 | トップページ | 沖縄宮森小米軍機墜落事故から56年、児童らが追悼集会 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61818832

この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史忘れないで」=花岡事件生存者の張さん:

« 安保法案、44議会が意見書 半数越す 慎重審議、廃案など要求 | トップページ | 沖縄宮森小米軍機墜落事故から56年、児童らが追悼集会 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31