« 18歳選挙権が衆院通過 公選法改正17日にも成立 | トップページ | 台湾:慰安婦関連の常設記念館、開館へ »

2015/06/05

違憲指摘「全く当たらない」 菅氏、衆院憲法審査会参考人質疑に反論

 今日は、ほんとに昨日の憲法審査会のニュースが駆け巡った。さすがの自民党も相当こたえたのか、菅官房長官の反論が滑稽でもある。

違憲指摘「全く当たらない」 菅氏、衆院憲法審査会参考人質疑に反論(産経新聞)

 菅義偉官房長官は4日の会見で、同日開かれた衆院憲法審査会の参考人質疑で、3人の参考人全員が審議中の安全保障関連法案について「憲法違反」としたことに関し、「法的安定性や論理的整合性は確保されている。全く違憲との指摘はあたらない」と述べた。
 菅氏は、昨年7月に閣議決定した安保関連法案の基本方針に触れ「憲法前文、憲法第13条の趣旨をふまえれば、自国の平和を維持し、その存立を全うするために必要な自衛措置を禁じられていない」と指摘。「そのための必要最小限の武力の行使は許容されるという、以前の政府見解の基本的な論理の枠内で合理的に導き出すことができる」と話した。
 自民党などが参考人として推薦した早稲田大の長谷部恭男教授が憲法違反だと指摘した点に関しては「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」と述べ、今後の法案審議への影響は限定的との見方を示した。

 とくに滑稽なのが、この「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」という発言。九州大学の南野さんが、――いわずとしれた、高橋門下の中心的な人。日本の憲法学の中軸にいる人の一人が、「菅官房長官によれば、『全く違憲でない』と言う『著名な』『憲法学者』が『たくさん』いるらしい。是非ご教示賜りたい」とつぶやいている。まったくそのとおりである。明日は、立憲デモクラシーの会で、佐藤幸治先生の登場である。ボクは別の仕事で聞きにいけないのが残念だなあ。
http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/post/118814703546
 ボクの世代では「佐藤の『憲法』」の佐藤先生。ボクの世代の憲法の先生である。政治的な活動にはまったく無縁の先生たちにも、いま発言が広がっているのだ。
 だけど、こういう学者さんたちの発言に対して、今度の法案の中心となった自民党の高村正彦副総裁は「憲法学者はどうしても(戦力不保持を定めた)憲法九条二項の字面に拘泥する」と反発している。
 こういう政治家の姿勢は、歴史認識でも同じだな。「慰安婦」問題でのアメリカや日本の歴史研究者の発言も、想起させるよなあ。
 

« 18歳選挙権が衆院通過 公選法改正17日にも成立 | トップページ | 台湾:慰安婦関連の常設記念館、開館へ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

菅官房長官によれば、『全く違憲でない』と言う『著名な』『憲法学者』が『たくさん』いるらしい。是非ご教示賜りたい」なんてことを言ったところで、沖縄県の翁長知事にしてみれば、そもそもアメリカの言いなりと言っておきながら、辺野古移設をしようとしていること自体が問題となっているにもかかわらず、このまま進めても何ら問題がない等というのと本質的には、同じことととしか言い様がないことは明らかなことであるばかりでなく、

「今度の法案の中心となった自民党の高村正彦副総裁は「憲法学者はどうしても(戦力不保持を定めた)憲法九条二項の字面に拘泥する」と反発している。」

ということからして、キャリアコンサルタントから見た、この自民党に対する本質的な見立てそのものを、自ら曝け出してくれただけのこととしか言い様がないというのも、アメリカにせよ、中国、ロシア、韓国、北朝鮮のみならず、ドイツやフランス、。イギリスなどの他、トルコやサウジアラビアをはじめとする中東諸国や、ブラジルやアルゼンチンをロシアと中国にでも置き換えれば、これはもう世界的に見れば、まんまと騙されたふりをして、「そりゃそうだろう。お前らこそが、憲法9条二項の字面に泥を塗ることを仕出かしてくれたのだからな。これにも気づいていないお前らこそ、幾らでも悔し涙を流しながら、安倍晋三と運命を共にして、とっとと歴史の闇の中に消えてしまうしか残された道は何処にもないということは覚悟すると同時に、お前らに騙されてしがみついているだけの日本人だけを道連れにするならば、お前らに反発するだけで全体主義にしがみついているだけの反日日本人とだけで、幾らでも勝手に怒りをぶつけ合い、この衝撃からくる物凄い痛みを勝手に分かち合い、物凄い恨みを勝手に分かち合い、物凄い憎しみを勝手に分かち合い、深い悲しみを勝手に分かち合いながら、もう容赦なく、大泣きしながら、とっとと無理心中するならば、天皇陛下と共に、そっと静かに最期を見届けてあげますので、どうぞ安心して、心おきなく、とっととくたばって下さい。これこそがお国のため、天皇陛下のためであるのだと思えば、これくらいのことは出来て当然のことだし、死にたくなければ、どうぞ何処か人目の付かないところで、幾らでも涙を流しながらも深く感謝をして応えて頂くだけで十分ですので、今度は天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守り、寄り添って参りますので、これこそを誇りとして、全人類に対して恩返ししていくことが出来るように、今度は誇りを持って、そっと静かに幸せに暮らして参りましょう」と言い返してやるしかございませんね。

これが結果的に、「さらば暴政」、「さらば原発」、「さらば全体主義」というものに繋がって、聖徳太子の時代から続いて来た全体主義そのものだけを全て終わりにすることで、これを乗り越えて、「共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして行くという尊い志」というものを個人主義のベースとして、日本社会全体を幾らでもひっそりと静まり返った社会となって安定化させてしまうことで、この個人主義の象徴として君臨すべき存在こそが天皇制であるということに根本的には変わりようがないものであるということを原則とするならば、国際法による原則に従って、「憲法9条三項にでも、集団的自衛権の行使は認めない」という条項を追加すると同時に、自衛隊そのものを、人道支援というものを目的とした、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして行くことで、国際社会全体の平和と安定に貢献することが出来るための地球救援隊という名称に変更してしまうことで、これだけで、憲法前文から第1章天皇までは鉄かずの状態として永久のものとすることで、第2章戦争の放棄こそがノーベル平和賞のお墨付きを賜るに等しい尊い価値のあるものであるということを誇りとして行けば、これこそを全人類からのご褒美とするならば、この尊い志を持って恩返ししていくことで、多極化する国際社会の中で、名誉ある孤立化をして、東アジアの片隅に取り残される道を選択して行くことで、ユーラシア大陸の内陸部の活性化により、ユーラシア大陸全体が、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るように、そっと静かに暖かく見守り、寄り添って行くことで、地政学的な名誉ある孤立化を自ら選択して、これもまた日本国としてのあるべき姿に置き換えて、自己理解ならびに環境的理解を通じて、そっと静かに自立・自律して行くことで、日本の運命を大きく変えて、新たな日本の歴史の第一歩を踏み出して行くことで、これこそが究極の文明の大転換を齎す逆転の罠として、今度は日本国が自らかつてのイギリスを見倣って名誉ある孤立化をして恩返しして行けば良いのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61700356

この記事へのトラックバック一覧です: 違憲指摘「全く当たらない」 菅氏、衆院憲法審査会参考人質疑に反論:

« 18歳選挙権が衆院通過 公選法改正17日にも成立 | トップページ | 台湾:慰安婦関連の常設記念館、開館へ »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31