« 安保法制:憲法学者が不信感 シンポに1400人 | トップページ | 改めて考える 子どもの貧困 »

2015/06/07

視点 2015

Shiten2015_omote で用事というのが、この写真展。毎年行っているわけだけど。だんだん、写真は多様化する。今年の作品はとくにそう。人をとった写真は、個別化して、孤立した人の写真が多い印象。だから、何とも言えない悲しい写真が多い感じ。それをどう評価するのか、どう見るのかは、ちゃんとした議論が必要な気がした。なかなか受けとめきれない感じがする。
 続いて、パーティがあったけど、話したのは、結局、わりあいと古典的なテーマの写真をとった人が中心。その方面でもいくつか成果はあるんです。ただ、いま時代のドキュメントとは何か? 自分のなかで整理がつかない、迷いもある。人としゃべるのはもともと苦手だけど、途中から意を決して、何人かと話。はい、それなり仕事はしました。

« 安保法制:憲法学者が不信感 シンポに1400人 | トップページ | 改めて考える 子どもの貧困 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61709974

この記事へのトラックバック一覧です: 視点 2015:

« 安保法制:憲法学者が不信感 シンポに1400人 | トップページ | 改めて考える 子どもの貧困 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31