« 報ステ「憲法学者に緊急アンケート 安保法制『合憲』は現在1人」中間報告とのこと。 | トップページ | 「少年A」手記を出版 神戸連続児童殺傷事件 »

2015/06/10

安保法案 根拠乏しき「合憲」 政府見解「砂川判決」を拡大解釈

 しかし、まあ。これまもう、聞く耳持たずに、突っ走るつもりか? それでいけると思っているのか?

安保法案 根拠乏しき「合憲」 政府見解「砂川判決」を拡大解釈(東京新聞)

 政府は九日、衆院憲法審査会で憲法学者三人が他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を「違憲」と批判したことに対し、合憲と反論する見解を野党側に示した。自国防衛に目的を限った集団的自衛権の行使容認は、日本が攻撃された場合のみ武力行使を認めた従来の憲法解釈の「基本的な論理」を維持し、「論理的整合性は保たれている」と結論づけた。野党側は見解には説得力がないとして、国会で追及する方針。 
 見解は、戦争放棄や戦力不保持を定めた憲法九条の下でも「自国の存立を全うするため、必要な自衛の措置を取ることを禁じているとは到底解されない」という従来の政府解釈に言及。自衛権行使を「国家固有の権能」と認めた砂川事件の最高裁判決と「軌を一にする」と指摘した。その上で、国民の生命や幸福追求の権利を根底から覆す事態は日本が直接攻撃された場合に限られていたが、軍事技術の進展などで、他国への武力攻撃で「わが国の存立を脅かすことも現実に起こり得る」との認識に改めたと表明。集団的自衛権の行使は「自衛の措置として一部、限定された場合に認めるにとどまる」ため、これまでの政府見解との整合性は保たれていると主張した。
 一方、「いかなる事態にも備えておく」との理由から、集団的自衛権行使の要件に「ある程度抽象的な表現が用いられることは避けられない」と認めた。…

 原文を探していたら、荻上チキさんがアップしてくれていました。感謝です。
 とくに目新しいことは何も言っていないけど。「「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」(平成26年7月1日閣議決定)でお示しした「武力行使」の三要件(以下「新三要件」という。)は、その文言からすると国際関係において一切の実力の行使を禁じているかのように見える憲法第9条の下でも、例外的に自衛のための武力の行使が許される場合があるという昭和47年10月14日に参議院決算委員会に対し政府が提出した資料「集団的自衛権と憲法との関係」で示された政府見解(以下「昭和47年の政府見解」という。)の基本的な論理を維持したものである。」ちゅうやつね。そして、またまた砂川判決。ああ…。

« 報ステ「憲法学者に緊急アンケート 安保法制『合憲』は現在1人」中間報告とのこと。 | トップページ | 「少年A」手記を出版 神戸連続児童殺傷事件 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61722336

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案 根拠乏しき「合憲」 政府見解「砂川判決」を拡大解釈:

« 報ステ「憲法学者に緊急アンケート 安保法制『合憲』は現在1人」中間報告とのこと。 | トップページ | 「少年A」手記を出版 神戸連続児童殺傷事件 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30