« 「原発は安全」思い込みが主因…IAEA最終案 | トップページ | 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第3回 "平和国家"の試練と模索 »

2015/06/22

70年談話、閣議決定見送りへ…「公式」薄める

 村山談話、河野談話は絶対に継承しなければ、国際社会も、アジアも許さない。(アメリカも)。そういうなかでの苦肉の策がこれか。だけど、そんな姑息なことって通用するとは思えない。やるなら、SNSで個人的につぶやけばいい。

70年談話、閣議決定見送りへ…「公式」薄める(読売新聞)

 安倍首相は今夏に発表する「戦後70年談話」について、閣議決定を見送る方針を固めた。
 政府の公式見解としての意味合いを薄め、過去の談話にとらわれない内容とする狙いがあるとみられる。
 政府は、戦後50年に村山首相談話、60年に小泉首相談話をそれぞれ閣議決定した。いずれも「植民地支配と侵略」により、アジア諸国に「多大の損害と苦痛」を与えたとして、反省の意を表明しており、政府の公式見解となっている。
 安倍首相は、村山、小泉両談話を「全体として引き継ぐ」と明言しているが、「同じことを言うなら、談話を出す必要はない」と述べ、個別の文言にはこだわらない考えを示している。
 4月の米議会演説では、先の大戦への「痛切な反省」や「深い悔悟」に言及したが、「侵略」や「おわび」という表現は使わなかった。首相周辺は「今回おわびすれば、この先もずっとおわびし続けることになる」と話しており、70年談話でも「おわび」などへの言及を避けることが想定される。

« 「原発は安全」思い込みが主因…IAEA最終案 | トップページ | 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第3回 "平和国家"の試練と模索 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61778786

この記事へのトラックバック一覧です: 70年談話、閣議決定見送りへ…「公式」薄める:

« 「原発は安全」思い込みが主因…IAEA最終案 | トップページ | 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第3回 "平和国家"の試練と模索 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31