« 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第3回 "平和国家"の試練と模索 | トップページ | 沖縄慰霊の日 翁長知事「辺野古反対」表明 »

2015/06/22

元法制局長官ら「違憲」 安保法案特別委参考人質疑

 今日は、参考人質疑です。議論の趣旨は、「違憲」「反対」派きわめて明確だったように思えます・

元法制局長官ら「違憲」 安保法案特別委参考人質疑(東京新聞)

 安全保障関連法案に関する衆院特別委員会は二十二日午前、参考人質疑を行った。他国を武力で守る集団的自衛権行使容認を柱とした安保法案について、元内閣法制局長官二人を含む野党推薦の参考人は「憲法違反だ」「国民を危険にさらす」などと批判し、与党推薦の参考人は「抑止力のため必要だ」と支持した。
 元内閣法制局長官の宮崎礼壹(れいいち)法政大法科大学院教授は「政府は『自国を守るための集団的自衛権は合憲』としているが、攻撃を受けていないのに自国防衛と称して武力行使するのは違法な先制攻撃だ」と指摘。「速やかに撤回すべきだ」と求めた。
 元内閣法制局長官の阪田雅裕氏は「限定的な集団的自衛権行使が、これまでの憲法解釈と全く整合しないものではない」としながらも、「進んで戦争に参加することで相手に日本攻撃の大義名分を与え、国民を危険にさらす結果しかもたらさない。根拠が示せないなら解釈変更は許されない」と批判した。
 憲法学者の小林節慶応大名誉教授は「憲法上、わが国は海外での軍事行動が本来的に不能。解釈で憲法を踏み越えて行うことは、法の支配を放棄した独裁政治の宣言に等しい」と批判した。
 一方、憲法学者の西修駒沢大名誉教授は「憲法上、自衛権の行使は全く否定されていない。集団的自衛権行使の目的は抑止効果だ」と主張。安保法案は集団的自衛権行使を限定的に容認するもので「明白に憲法の許容範囲」と明言した。
 森本敏元防衛相(拓殖大特任教授)は「多国間の安全保障に参加するには、今の法制度では必ずしも十分ではない。(安保法案は)極めて重要な意味と役割がある」と指摘。「政府は分かりやすく説明する必要がある」と強調した。

 そもそも西さんの議論は、無限定に集団的自衛権は許されるというものですから。これが、政府の議論の応援になぜなるのかがわかりません(笑)。森本さんは、いったい何が言いたいのでしょうねえ????

« 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第3回 "平和国家"の試練と模索 | トップページ | 沖縄慰霊の日 翁長知事「辺野古反対」表明 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61780296

この記事へのトラックバック一覧です: 元法制局長官ら「違憲」 安保法案特別委参考人質疑:

« 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第3回 "平和国家"の試練と模索 | トップページ | 沖縄慰霊の日 翁長知事「辺野古反対」表明 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31