« 14年度の実質GDP、1.0%減 5年ぶりマイナス成長 | トップページ | 格納容器大破の恐れあった 福島2号機 ベント失敗裏付け »

2015/05/20

首相「ポツダム宣言つまびらかに読んでない」 党首討論

 まあ、ここを注目したいのはわからないでもないが。

首相「ポツダム宣言つまびらかに読んでない」 党首討論(朝日新聞)

 《志位和夫委員長(共産)》 過去の日本の戦争は間違った戦争と認識があるか。
 《首相》 先の大戦で多くの日本人の命が失われた。同時にアジアの多くの人々が戦争の惨禍に苦しんだ。我々は不戦の誓いを心に刻み、戦後70年間平和国家としての歩みを進めてきた。その思いに全く変わりはない。だからこそ、地域や世界の繁栄や平和に貢献をしなければならない。
 《志位氏》 戦後の日本は1945年8月にポツダム宣言を受諾して始まった。ポツダム宣言は日本の戦争について間違った戦争だという認識を示している。この認識を認めないのか。
 《首相》 ポツダム宣言を受諾し、敗戦となった。ポツダム宣言をつまびらかに読んでいないので直ちに論評することは差し控えたい。

 だけど、まあ、善意に解釈して、この党首討論のためには読んでないともとれなくはない。あくまでも、超善意にだけど(笑)。

 ボクは、次の安倍さんの発言に注目する。
 「今年は戦後70年の節目の年であります。70年前、戦争は終結した。しかし、先の大戦において、多くの日本人の命は失われたわけであります。同時にアジアの多くの人々が戦争の惨禍に苦しんだ。日本はその後の歩みの中で、まさに塗炭の苦しみを味わったといっていいと思う。戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない。われわれはこの不戦の誓いを心に刻み、戦後の70年間、平和国家としての歩みを進めてきたわけであり、その思いに全く変わりはないわけでございます」
 ここから、70年談話にむけた安倍さんの考えの構造が見えつつある。
 戦争の教訓の第一は、「日本人の命」とされる。そして、アジアの戦争の惨禍の主語は不明確だ。そのうえにたつ不戦の誓いとなっている。
 さらに安倍さんは、言う。「だからこそ、地域や世界の繁栄や平和に貢献しなければならない、こう決意しているわけです。当然また、村山談話あるいは小泉談話、節目、節目に出されている政府の談話を私たちは全体として受け継いでいく。再三再四、申し上げてきた通りだ」。村山談話等の継承は、あくまでも、こうした論理での平和への貢献と主張する。うーん。
 もちろん、ここには大きな矛盾がある。その認識は、世界の認識とは大きくかけ離れているし、アジアの人々が被った歴史とはまったく相容れないからだ。だからこそ、今日の党首討論のような議論となり、安倍さんは、ただごまかすことしかできなくなる。
 いずれにしても、談話に向け、そのことに直面することは避けて通れない矛盾であるはずだ。これにたいしてどうするというのか。その矛盾はどんどん露呈していくのだから。

« 14年度の実質GDP、1.0%減 5年ぶりマイナス成長 | トップページ | 格納容器大破の恐れあった 福島2号機 ベント失敗裏付け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相「ポツダム宣言つまびらかに読んでない」 党首討論:

« 14年度の実質GDP、1.0%減 5年ぶりマイナス成長 | トップページ | 格納容器大破の恐れあった 福島2号機 ベント失敗裏付け »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30