« 安保国会、怒号・ヤジで開幕 審議後半には退席相次ぐ | トップページ | 原発事故・避難者アンケート―何が福島の人々を苦しめているのか― »

2015/05/27

写真で見る 迫力の反戦彫刻 明治大駿河台キャンパスで写真展

これは見に行ってみたい。

写真で見る 迫力の反戦彫刻 明治大駿河台キャンパスで写真展(東京新聞)

 沖縄戦の悲劇が描かれた巨大彫刻「戦争と人間」を題材にした写真展が、千代田区の明治大駿河台キャンパスで開かれている。撮影したのは、写真家の故・大西忠保(ただやす)さん。大西さんの妻で、展示を企画した杏子(きょうこ)さん(67)=渋谷区=は「夫が反戦平和への願いを込めた作品。今も米軍基地問題に揺れる沖縄を応援したい」と話している。
 「戦争と人間」は、反戦活動を続ける沖縄県在住の彫刻家金城実さんが、十年がかりで完成させた全長百メートルの連作。地上戦が展開された沖縄戦の悲劇や、銃剣とブルドーザーによる米軍の土地接収、抵抗する人々をレリーフや彫像で表現した。
 原爆が投下された広島や沖縄をテーマに撮影を重ねていた大西さんに、金城さんが撮影を依頼。二〇〇七年、大西さんは病を押して長時間の野外撮影に臨み、作品が持つ怒りや悲しみを浮き彫りにした。
 三年前に六十五歳で亡くなったが、戦後七十年を機に、母校の明治大カメラクラブや友人の協力で、今回の写真展が実現。アカデミーコモン一階の会場に五十点を展示した。福島と沖縄から日本を考える「おらがふるさとを返せ」と題した金城さん制作の木彫も出品されている。
 二十三日には金城さんも来場し、「自分の手を離れて大西さんの作品になった」と語って才能を惜しんだという。
 杏子さんは「沖縄の七十年は苦難の歴史だった。沖縄を愛した夫の写真を通じ、思いを寄せてもらえれば」と話している。入場無料。二十九日まで。…

29日までかあ。いつ、いけるかなあ。無理かなあ。結構、仕事がたまっているしなあ。

« 安保国会、怒号・ヤジで開幕 審議後半には退席相次ぐ | トップページ | 原発事故・避難者アンケート―何が福島の人々を苦しめているのか― »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61652486

この記事へのトラックバック一覧です: 写真で見る 迫力の反戦彫刻 明治大駿河台キャンパスで写真展:

« 安保国会、怒号・ヤジで開幕 審議後半には退席相次ぐ | トップページ | 原発事故・避難者アンケート―何が福島の人々を苦しめているのか― »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31