« 安保法案、今国会で成立「必要ない」60% 世論調査 | トップページ | 学校外で義務教育、容認案 フリースクールや家庭学習 超党派、国会提出めざす »

2015/05/19

実質賃金 最大の3.0%減 消費増税で物価上昇

生活が苦しいという実感は、データ的にも裏付けられている。

実質賃金 最大の3.0%減 消費増税で物価上昇(東京新聞)

 厚生労働省が十九日発表した毎月勤労統計調査(確報、従業員五人以上の事業所)の二〇一四年度まとめによると、働く人一人当たりの現金給与総額(名目賃金、月平均)は、前年度比0・5%増の三十一万五千九百八十四円で、四年ぶりに増加した。一方で、物価の影響を考慮した実質賃金は3・0%減で、四年連続のマイナスだった。
 実質賃金の下落率は、現在の方法で統計を取り始めた一九九一年度以降で最大。物価上昇に賃金の伸びが追い付かず、アベノミクスの恩恵が労働者には十分に届かなかった。厚労省は「消費税率引き上げが物価上昇に拍車を掛け、下げ幅が拡大した」と説明している。
 基本給などの所定内給与は0・2%減の二十四万九百二十六円で、九年連続のマイナス。残業代などの所定外給与は1・6%のプラスで、五年連続で増えた。
 給与総額を勤務形態別に見ると、正社員などフルタイムで働く一般労働者は1・0%増加し、パートタイム労働者は0・4%増だった。働く人に占めるパートの割合が前年度比で0・47ポイント増え30・0%となったため、一人平均の伸び率は0・5%にとどまった。…

これがその調査結果。

実質賃金がこんだけ減っているんだもん。絶対に失政だな。しかも基本給が9年連続減り続けるというように、不安定さを増しているんだよなあ。

« 安保法案、今国会で成立「必要ない」60% 世論調査 | トップページ | 学校外で義務教育、容認案 フリースクールや家庭学習 超党派、国会提出めざす »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61613821

この記事へのトラックバック一覧です: 実質賃金 最大の3.0%減 消費増税で物価上昇:

« 安保法案、今国会で成立「必要ない」60% 世論調査 | トップページ | 学校外で義務教育、容認案 フリースクールや家庭学習 超党派、国会提出めざす »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31