« NHK世論調査 内閣支持率51% | トップページ | 「ベトナム村」内部写真発見 60年代、米軍北部訓練場 »

2015/04/13

1号機格納容器で9.7シーベルト=福島第1、ロボット調査-東電

 酷いなあ。

1号機格納容器で9.7シーベルト=福島第1、ロボット調査-東電(時事通信)

 東京電力は13日、核燃料が溶け落ちた福島第1原発1号機の格納容器内部1階西側で、ロボットを使って放射線量を測定したところ、毎時7~9.7シーベルトだったと発表した。人が浴びると、1時間以内に死亡する高線量だった。
 東電によると、ロボットは10日に格納容器1階部分を走行した際、6カ所で線量を測定した。温度は17.8~20.2度だった。
 調査に関わったのは協力企業の作業員36人と東電社員8人。被ばく線量は最大1.73ミリシーベルトで、協力企業の作業員だった。

 だけど、日テレのニュースになると、「内部の放射線量は最大でも1時間あたり10シーベルト未満で、想定より低い線量であることがわかったという。溶け落ちた核燃料の状態は確認できなかったものの、格納容器内部の様子がここまで鮮明に記録されたのは初めてで、東京電力は今後の燃料取り出しなどに向けて大きな前進だとしている」という話になってしまうのだから。驚き。瞬間線量はさらに驚くほど高い。ちなみに、ロボットは、予定の3分の2ほどの調査を終えた時点でケーブルにひっかかって停止し、走行不能となったため、東京電力はロボットを回収しないことを発表しているというのだから。ロボットが動いたのは、十数メートル。
 廃炉には、ほんとうに遠い道のり。うーーん。

« NHK世論調査 内閣支持率51% | トップページ | 「ベトナム村」内部写真発見 60年代、米軍北部訓練場 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61435731

この記事へのトラックバック一覧です: 1号機格納容器で9.7シーベルト=福島第1、ロボット調査-東電:

« NHK世論調査 内閣支持率51% | トップページ | 「ベトナム村」内部写真発見 60年代、米軍北部訓練場 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31