« 「放送法に照らしやる」 自民、NHK・テレ朝聴取 | トップページ | 自民、異例の議事録修正要求 福島氏の「戦争法案」発言 »

2015/04/18

翁長知事・安倍首相会談全文(冒頭発言)

 全文をあらためて読んでみると、なかなか、すごいなあ知事さん!

翁長知事・安倍首相会談全文(沖縄タイムス)

 … 総理も官房長官も16年前、当時の稲嶺(恵一)知事、地元名護市長も辺野古基地を受け入れたとおっしゃっていますけれども、しかしながら稲嶺知事は代替施設は軍民共用施設として、そして米軍による施設の使用については15年の期限を設けることを条件として受け入れを認めたわけです。
 それから岸本(建男)名護市長は日米地位協定の改善、それから施設の使用期限、それから基地使用協定等の前提条件が満たされなければ容認は撤回すると言っておりました。
 当時の政府は平成11(1999)年12月、稲嶺知事と岸本市長はこれを重く受け止め、米国政府と話し合う旨、閣議決定を認めました。しかし、その閣議決定は平成18(2006)年に沖縄県と十分な協議がないまま廃止されました。
 従って16年前に知事や市長が受け入れを決めたというのは前提条件がなくなったことで、受け入れたというのは私たちとしては間違えだというふうに思っています。
 そして政府は今、普天間飛行場の県外移設という公約を、失礼な言い方かも知れませんが、かなぐり捨てた前知事が、埋め立てを承認したことを錦の御旗として、辺野古移設を進めておられますが、昨年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙は前知事の埋め立て承認が争点でありました。
 全ての選挙で辺野古新基地反対という圧倒的な民意が示されたわけであります。沖縄は自ら基地を提供したことは一度もございません。普天間飛行場もそれ以外の基地も戦後県民が(捕虜)収容所に収容されている間に、(土地が)接収された。または居住場所をはじめ銃剣とブルドーザーで強制接収され、基地造りがなされたわけであります。
 自ら土地を奪っておきながら老朽化したから、世界一危険だから沖縄が負担しなさい。嫌なら代替案を出せと言われる。こんな理不尽なことはないと思います。…

 会談は冒頭、公開されたが、そこで一悶着。県側は事前に5分ずつと約束していたというのだが、報道陣に公開された会談冒頭は約6分。知事の発言の途中で、官邸スタッフが「報道、退室」と指示。そのため、県の側は、非公開となった知事発言の部分を、ペーパーで公表した。
 「このまま政府が地元県民の理解を得ることなしに辺野古埋め立てを強行するようであれば、私は絶対に辺野古への新基地を造らせないということを改めて申しあげたいと思います」と、強い訴えをした知事、その言葉に県民の共感はさらに大きく広がったと思う。

« 「放送法に照らしやる」 自民、NHK・テレ朝聴取 | トップページ | 自民、異例の議事録修正要求 福島氏の「戦争法案」発言 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61456973

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長知事・安倍首相会談全文(冒頭発言):

« 「放送法に照らしやる」 自民、NHK・テレ朝聴取 | トップページ | 自民、異例の議事録修正要求 福島氏の「戦争法案」発言 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31