« 学力テスト:大阪府教委 中3内申の基準づくりに活用方針 | トップページ | 日本の軍事的役割、国内7割「制限を」米5割「拡大を」 »

2015/04/08

「辺野古移設 唯一の解決策」 日米防衛相 指針再改定へ加速

 うーん。ガイドラインと辺野古新基地がまさに重なって進められる。

「辺野古移設 唯一の解決策」 日米防衛相 指針再改定へ加速(東京新聞)

 中谷元・防衛相は八日午前、カーター米国防長官と防衛省で会談し、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に関し、名護市辺野古(へのこ)への新基地建設が唯一の解決策との考えで一致した。翁長雄志(おながたけし)知事が反対する中で、日米の防衛相が新基地建設に言及したのは、既成事実化する狙いがある。
 中谷氏は会談後の共同記者会見で、新基地建設について「普天間の継続使用を回避する唯一の解決策だ」と強調したのに対し、カーター氏は「日本政府の努力に感謝する」と述べた。
 また、両氏は今月下旬に予定する自衛隊と米軍の役割分担を定めた日米防衛協力指針(ガイドライン)再改定に向けて、日米両政府が協議を加速させることで一致した。
 共同記者会見で、中谷氏は「精力的に作業を進めることで一致した」と表明した。カーター氏は「米軍と自衛隊が切れ目なく協力する機会が増える。世界で、新しい領域の対応が規定される」と日米の軍事協力が拡大する意義を指摘。沖縄県・尖閣諸島への日米安全保障条約の適用を再確認したと強調した。…

 しかも、安倍さんがカーター米国防長官と官邸で会談し、集団的自衛権行使を可能とする安全保障法制の整備と、自衛隊と米軍の役割分担を定めた日米防衛協力指針(ガイドライン)の改定による日米同盟強化に決意を示したというのだから。
 外務省は外務省で、昨日、青書を発表している。戦後70年間の歩みを振り返る項目を冒頭に設け、「先の大戦の深い反省」を明記しつつ、一方で、日本の国際貢献を強調し、「積極的平和主義」を前面に打ち出している。うーん。外交青書はこれ。

« 学力テスト:大阪府教委 中3内申の基準づくりに活用方針 | トップページ | 日本の軍事的役割、国内7割「制限を」米5割「拡大を」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61410319

この記事へのトラックバック一覧です: 「辺野古移設 唯一の解決策」 日米防衛相 指針再改定へ加速:

« 学力テスト:大阪府教委 中3内申の基準づくりに活用方針 | トップページ | 日本の軍事的役割、国内7割「制限を」米5割「拡大を」 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31