« <東村の村長選挙>4/21告示26投票 | トップページ | 松本浦添市長が那覇軍港受け入れ容認 会見開き表明 »

2015/04/20

本社世論調査:辺野古移設 政府対応に「反対」53%

 以前は、本土と沖縄の世論には大きな広がりはあったのだが、本土のなかでも、ここにきて世論に大きな変化がうまれている感じがする。

本社世論調査:辺野古移設 政府対応に「反対」53%(毎日新聞)

 毎日新聞は18、19両日に全国世論調査を実施した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡って、移設に反対する沖縄県と対立を深めている政府の進め方について尋ねたところ、「反対」が53%と過半数を占め、「賛成」の34%を上回った。
 安倍晋三首相が17日に翁長雄志(おなが・たけし)知事と初めて会談するなど、政府は対話を重視する姿勢に転じたが、計画通り移設を進める方針は変えていない。政府はより柔軟に対応すべきだという世論がうかがえる。
 移設反対を掲げて当選した翁長氏が昨年12月に知事就任して以降、首相や菅義偉官房長官は会談に応じてこなかった。翁長氏は今年3月、沖縄防衛局に辺野古での移設作業の停止を指示。これに対し、林芳正農相が執行停止措置をとるなど、溝が深まっていた。
 菅氏は今月沖縄を訪問し、5日に翁長氏と初めて会談。知事の要望を受けて首相との会談も実現した。政府の方針転換は、世論に対話姿勢をアピールする狙いがある。だが、首相や菅氏と翁長氏の会談はいずれも平行線に終わった。政府の姿勢が世論の理解を十分得られているとは言えない状況だ。
 政府が集団的自衛権の行使を含む安全保障関連法案を今国会で成立させる方針について聞いたところ、「反対」が54%で、「賛成」の34%を上回った。賛否とも前回3月調査からほぼ横ばいだった。政府は来月中旬に法案を閣議決定して国会に提出し、6月24日までの会期を8月上旬まで延長したうえでの成立を目指しているが、世論の反対は根強い。…

 そのほか、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働について、福井地裁が新規制基準などの安全基準が不十分として差し止めた仮処分決定については、「評価する」が67%で、「評価しない」の24%を大きく上回ったという。
 だけど、あいかわらず、問題は、安倍内閣の支持率は47%で前回3月調査より3ポイント増加。不支持率は33%で1ポイント減少。ここにどう切り込むのか?!

« <東村の村長選挙>4/21告示26投票 | トップページ | 松本浦添市長が那覇軍港受け入れ容認 会見開き表明 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61467578

この記事へのトラックバック一覧です: 本社世論調査:辺野古移設 政府対応に「反対」53%:

« <東村の村長選挙>4/21告示26投票 | トップページ | 松本浦添市長が那覇軍港受け入れ容認 会見開き表明 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30