« 北海道内27首長選で無投票か 統一選後半戦49市町村のうち | トップページ | 「放送法に照らしやる」 自民、NHK・テレ朝聴取 »

2015/04/17

翁長知事が安倍総理と初会談

 ついに安倍さんも、翁長知事に会わざるを得なくなったと言うことだけど。

翁長知事が安倍総理と初会談(琉球朝日放送)

 就任から4ヵ月。ようやく会談が実現しました。翁長知事は、17日総理官邸で安倍総理との初会談に臨みました。ソファーに座る翁長知事と安慶田副知事。隣には菅官房長官。言葉を交わすこともなく、険しい表情で総理を待ちます。そこへ現れた安倍総理。
 「普天間の一日も早い危険性の除去、撤去は、これは我々も沖縄も思いは同じであろうとそう考えています」「辺野古への移転が唯一の解決策であると、こう考えているところでございまして、これからも我々丁寧な説明をさせていただきながら、理解を得るべく努力を続けていきたいと思います」と述べました。
 これに対し翁長知事は、16年前に稲嶺元知事と岸本元名護市長が受け入れを表明したのは、あくまで使用期限などの条件付きだったとして、前提条件を欠く現状では「受け入れた」とはいえないと、真っ向から反論しました。
「昨年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆院選挙は前知事の埋め立て承認が争点でしたが、すべての選挙で辺野古新基地反対という圧倒的な民意が示されたわけでありまして、沖縄は自ら基地を提供したことは一度もございません」と訴えました。
 今回の会談に平和運動センターの山城博治議長は「見事に県民の思いを総理に伝えてくれたんだなと思いました。力強い会談だったんだろうと思います」と話していました。
 またシュワブ前で抗議する男性は「アリバイつくりだと思うんですよ。オバマ大統領に会うために」「沖縄のトップの知事ともちゃんと理解を求める話合いをしたよ、というのはとんでもない話」だと怒りをあらわにしました。
また那覇市内では「翁長さんのことですからね、ちゃんとした毅然とした態度で丁寧に総理大臣とお話しできたと思うんですよ」という声もありました。
 また名護市の稲嶺市長は政府が言う「唯一の解決策」について「以前からその言葉ばかりが出てくる。これまでも何度もお話したと思うんですが、我々に言わせれば思考停止状況じゃないかと考えます」と述べました。
 翁長知事は、沖縄県民が移設に反対していることをオバマ大統領に伝えてほしいと要請したということですが、総理から具体的な返事はなかったということです。

 何に驚いたかというと、このニュースの報道の仕方の本土との違い。
 こちらが、NHKのニュース。
 結構、長い時間、ニュースでとりあげているのだけど、肝心なところが報じられていない。実は、かなりふみこんだ議論がなされている。菅さんのときもそうだったけど、政府の言い分は、1999年の閣議決定の際には、稲嶺知事や岸本市長など地元の同意をとりつけているというものだった。翁長さんはこれに対して、真っ向から批判している。そもそも、当時の合意には、軍民共用、そして15年の使用期限という条件があった。それがことごとく、県民の反対にあい、そして最終的に政府が反故にしていく。その過程で、稲嶺知事も、岸本市長も政府と対立を強めていくことになる。その結果、政府自体が、2006年に、この1999年の閣議決定をないものにする決定を下すにいたるというのが経過だ。そして、V字案なるものが日米合意でつくられる。このV字案を受け入れた政治家は、島袋さんや仲井真さんなどことごとく選挙で負けて政治の舞台から消えていく。そもそも地元合意など、うそっぱちなのだ。それは、昨日の赤嶺議員の国会質問で、政治自体も認めらざるをえなかった。
 「地元同意」の論拠破たん 赤嶺議員 新基地推進を批判(しんぶん赤旗)
 そんなやりとりをNHKはまったくふれていない。沖縄の民意は選挙の結果で明らかではないのか!

 ちなみに官房長官は、99年の問題について反論しているようだけど(反論にはなっていない)。
菅官房長官、「99年合意は生きていない」説に反論 辺野古移設「地元の意向を聞きながら進めてきた」
 政治の退廃と、それを支える本土の大メディア。うーん。負けるものかである。

« 北海道内27首長選で無投票か 統一選後半戦49市町村のうち | トップページ | 「放送法に照らしやる」 自民、NHK・テレ朝聴取 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

菅さんのときもそうだったけど、政府の言い分は、1999年の閣議決定の際には、稲嶺知事や岸本市長など地元の同意をとりつけているというものだった。翁長さんはこれに対して、真っ向から批判している。そもそも、当時の合意には、沖合のフロート、軍民共用、そして15年の使用期限という条件があった。それがことごとく、県民の反対にあい、そして最終的に政府が反故にしていく。その過程で、稲嶺知事も、岸本市長も政府と対立を強めていくことになる。その結果、政府自体が、2006年に、この1999年の閣議決定をないものにする決定を下すにいたるというのが経過だ。そして、V字案なるものが日米合意でつくられる。このV字案を受け入れた政治家は、島袋さんや仲井真さんなどことごとく選挙で負けて政治の舞台から消えていく。そもそも地元合意など、うそっぱちなのだ。それは、昨日の赤嶺議員の国会質問で、政治自体も認めらざるをえなかった。

これが、お互いにとっての主訴であるとするならば、中国の首相にしてみれば、「そりゃそうだろうな。結局のところは、安倍首相が自ら招いたことであるばかりでなく、この連中というのは、自らがアメリカの言いなりになるだけの使い物にならない間抜け国家に他ならないということを、自ら曝け出してくれたのだからな」というのが本音ではないかと見破れば、私たち日本人からすれば、これこそがキャリアコンサルタントから見た本質的な見立てであり、私たち日本人が自ら解決すべき課題であるということを、翁長知事ならびに中国の首相が、自ら指摘して頂いたに過ぎないと見破れば、これに対しては、私たち日本人が、まんまと騙されたふりをして、中国の首相に対しては、「全く以て聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんし、こちらこそ、此れ程恥ずかしいことはないと思うと、何とも言いようがありませんが、安倍首相をコケにして頂きまして、誠に有難うございます。これこそ私たち日本人が、自ら解決すべき課題であることは言うまでもありませんが、日本の将来のためには、今後共、沖縄県の翁長知事と共に、幾らでも安部首相なんか馬鹿にして頂き、日本政府を容赦なくコケにして頂くことは、大いに結構なことですし、私たちがこれを教訓として受け止めることで、誇りを持って全体主義をやめて頂く様に、今度はアメリカやロシア、韓国をはじめ、全人類と共に、もっともっと幾らでも強く圧力をかけて下さいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで、誇りを持って応えて参りましょう。

安倍首相にしてみれば、自らが無視され馬鹿にされているということにも気づいていないのか、どうかわからないものの、沖縄県の翁長知事が、中国と上手くやっていることに対する、嫉妬や妬み、あるいは、自らがのけもの扱いにされていることに対する悔しさというものが、根底にあるのではないかということが、本質的な見立てではないかと見破れば、アメリカにしてみれば、安倍首相が、自ら辺野古移設を撤回して下さい、と申してきたところで、オバマ大統領からすれば、別に対して怒りはしないだろうし、それこそまんまと騙されたふりをして、「この間抜け総理のことだからな!そりゃそうだろうし、ならば一層のこと、この間抜け総理の言い分通り、辺野古移設は中止してやろう。その代わりに、日本政府には、ニ度とキャンプシュワブの土地には絶対に手をつけさせるな」ということになるのならば、沖縄県にしてみれば、大いに結構なことだし、中国にとっても願っても無いことだし、アメリカにとっても願ってもないことだし、日本にとっても願っても無いことだし、この安倍首相に対しては、「そんなに悔しければ、どうぞ、もっともっと幾らでも大泣きして、あなたにしがみついて全体主義を取り戻そうとする連中だけを道連れにして、共に仲良く、幾らでも大泣きして、深い悲しみを分かち合いながら、誇りを持って全体主義をやめることで、自らが、こうした連中だけを道連れにして、何処か人目の付かないところで、そっと静かに幸せに暮らして頂く道を選択するならば、天皇陛下と共にそっと静かに暖かく見守って参りますので、きっと誰かに助けて貰う機会がありました際には、遠慮することなく、誇りを持って、涙を流しながらも、深く感謝をして応えて頂ければ、もうこれだけで十分ですので、今度はこれこそを、全人類に対して、良いロールモデルとして、誇りを持って示して行くことで、恩返しをして参りますので、どうぞ安心して、歴史の闇の中に、ひっそりと消えて下さい」ということで応えてあげるしかないのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61454578

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長知事が安倍総理と初会談:

« 北海道内27首長選で無投票か 統一選後半戦49市町村のうち | トップページ | 「放送法に照らしやる」 自民、NHK・テレ朝聴取 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31