« 翁長知事、中国首相と面談 那覇―福州の定期便開設を要望 | トップページ | 対立鮮明で共産党躍進 苦節16年で初当選 »

2015/04/15

国立大、新評価制度導入へ 政府「成長戦略の柱」

 「大学改革」はボクにとっても、通年テーマですが、こうした動きを見ると、いよいよくるところまで来たなあという感を強くする。

国立大、新評価制度導入へ 政府「成長戦略の柱」(朝日新聞)

 政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)が15日開かれ、国立大学の改革に向けた新たな評価制度の導入を決めた。全国86ある国立大の役割をはっきりさせ、運営費交付金の配分にもメリハリをつける。6月にもまとめる成長戦略の柱にする。
 今夏までに文部科学省が「経営力戦略(仮称)」をつくる。「地域に貢献する教育研究」「特色ある分野で世界的な教育研究」「世界で卓越した教育研究」のいずれかから、各大学がめざす大学の特徴を選び、その大学像に沿った評価に応じて交付金を配分するようにする。
 安倍首相はこの日の会議で「これまでは各大学の特徴に応じたミッション(役割)設定が不明確なままで、自律的な経営に欠けていた面があったことは否めない」と指摘。企業などからの資金獲得や資産の運用など、大学独自の取り組みを促す考えを示した。

 交付金を人質に、徹底した誘導をかける。第三期の中期目標で、相当の具体化をさせるということなのだろうけどなあ。財界・支配層の年来の念願の大学の種別化・階層化によるリストラの推進。一方での拠点化。その最終局面とも言えようか。いよいよ正念場だなあ。という思いを強くもつ次第。

« 翁長知事、中国首相と面談 那覇―福州の定期便開設を要望 | トップページ | 対立鮮明で共産党躍進 苦節16年で初当選 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61445420

この記事へのトラックバック一覧です: 国立大、新評価制度導入へ 政府「成長戦略の柱」:

« 翁長知事、中国首相と面談 那覇―福州の定期便開設を要望 | トップページ | 対立鮮明で共産党躍進 苦節16年で初当選 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30