« 教員免許:国家資格に 自民提言へ 資質向上図る | トップページ | 日米同盟の本質、転換 自衛隊の米軍支援、地球規模に »

2015/04/27

辺野古「唯一の選択肢」米下院国防権限法案に明記

 とりあえず、アメリカ側の動きと言うことでクリップ。

辺野古「唯一の選択肢」米下院国防権限法案に明記(沖縄タイムス)

 米下院軍事委員会が審議を進めている2016会計年度(15年10月~16年9月)国防権限法案の草案に、米軍普天間飛行場の移設先について名護市辺野古が「唯一の選択肢」との文言が盛り込まれていることが26日までに分かった。同委員会が本紙の取材に対して明らかにした。
 米議会は、レビン上院軍事委員長(当時)らが11年に辺野古移設の見直しを提言したのを受け、米国防総省に対応を求めてきた。しかし、仲井真弘多前知事が13年12月に埋め立てを承認したのを受け、同委は姿勢を転換。同法案に、辺野古を「唯一の選択肢」と明記することで、普天間の辺野古移設と在沖米海兵隊のグアム移転を定めた日米両政府の計画を支持する方針を明確化した。
 同文言を策定したのは、同委員会の下部組織の戦略兵力小委員会(ウィットマン委員長)。同委のボダヨ筆頭理事は23日、辺野古移設反対を訴えるために訪米した玉城デニー衆院議員(生活)と面談し、辺野古移設とグアム移転を推進する方針を表明し、同委の国防権限法案草案に辺野古に関する文言が盛り込まれたなどと述べていた。…

 もうひとつ、アメリカの仕組みがよくわからないが。しかし、仲井真さんの承認でこういう方向を出したのなら、昨年の一連の沖縄での動きをどう見るのだろうか。今後、最終決定は12月になるようで、それまで調整がおこなわれるというし、上院の動きもある。アメリカが、いまの沖縄の事態がどんな議論がなされるか、どれだけ、沖縄の問題がきちんと議論されるのか、それはそれで注目ではあるのだけれども。

« 教員免許:国家資格に 自民提言へ 資質向上図る | トップページ | 日米同盟の本質、転換 自衛隊の米軍支援、地球規模に »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61504299

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古「唯一の選択肢」米下院国防権限法案に明記:

« 教員免許:国家資格に 自民提言へ 資質向上図る | トップページ | 日米同盟の本質、転換 自衛隊の米軍支援、地球規模に »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30