« 中学教科書検定 「集団自決」強制性、明記ゼロ | トップページ | 学力テスト:大阪府教委 中3内申の基準づくりに活用方針 »

2015/04/07

翁長氏、駐沖縄米総領事らと会談 訪米へ調整要請か

 翁長知事、さらに次の一手。

翁長氏、駐沖縄米総領事らと会談 訪米へ調整要請か(共同通信)

 沖縄県の翁長雄志知事は7日、マグルビー駐沖縄米総領事と在沖縄米軍トップのウィスラー沖縄地域調整官と、米海兵隊キャンプ・コートニー(うるま市)で3者会談した。米総領事館と県幹部が明らかにした。ケネディ駐日米大使との早期会談や自身の訪米に向けた調整を要請したとみられる。
 翁長氏はできるだけ早期に訪米し、米国防総省や国務省などの高官に対し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する意志を直接伝えたい意向だ。
 県幹部らによると、ケネディ氏との会談に関しては既に米大使館と調整を始めている。

 アメリカは一枚岩ではないし、地元の反対の強さに対しては、懸念をもつ人もいる。これまでの、アメリカは、沖縄の世論には、ある一面では敏感で、それが沖縄の戦後史のある面を貫いているということもできる。日本への復帰(施政権の返還)という不可能が可能になったのは、沖縄のたたかいであるが、それに反応したのはアメリカだったし。基地への支持のないところでの基地の運営の矛盾を沖縄自身が感じているのだろう。
 翁長さんは、あらゆる手段を行使する。翁長さんのアメリカへの働きかけも大いに注目したいものだ。

« 中学教科書検定 「集団自決」強制性、明記ゼロ | トップページ | 学力テスト:大阪府教委 中3内申の基準づくりに活用方針 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61405765

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長氏、駐沖縄米総領事らと会談 訪米へ調整要請か:

« 中学教科書検定 「集団自決」強制性、明記ゼロ | トップページ | 学力テスト:大阪府教委 中3内申の基準づくりに活用方針 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31