« 「偏向教育」是正へ法改正検討 選挙権18歳にらみ「主権者教育」を充実 自民党が委員会設置 | トップページ | 上村君の母親コメント全文 今にも「母さん、母さん、お腹空いた」と言うのでは… »

2015/03/02

<常磐道全通>高い空間線量 安全対策が課題

 よく考えると、相当恐ろしい話である。

<常磐道全通>高い空間線量 安全対策が課題(河北新報)

 常磐自動車道の全線開通は、1966年の予定路線決定から49年で実現した。東日本大震災と福島第1原発事故の影響で工事が中断されたが、安倍晋三首相は「復興の起爆剤」として1日の全線開通を表明、現場が工期を短縮するなどし開通にこぎ着けた。復興加速へ重要な役割を担う一方、空間放射線量の高い区域を通行するため、安全対策が課題となる。
 震災後、最終開通区間の常磐富岡-浪江インターチェンジ(IC)間の工事全面再開は2013年3月。現場に残された重機や工事車両計約300台の撤去から始まった。ドーム型テントを設置し、雨天でもコンクリートを打てるよう工夫。アスファルト製造プラントを増やすなど工期短縮に努めた。
 再開後、線量が最も高い場所は毎時30マイクロシーベルトを超えた。放射性物質の付着を調べるスクリーニング場を置き、作業員の被ばく管理をした。建設資材確保もままならないことがあった。
 東日本高速道路いわき工事事務所の真壁正宏所長は「工事前の準備が大変で苦労した」と振り返る。
 全線開通で、東北南部と首都圏をつなぐ高速道は東北道と2本になった。復興需要への対応、交流人口の拡大はもちろん、事故や災害時は相互に迂回(うかい)路となる。
 東北地方整備局の担当者は「人やモノの動きを止めないためにもダブルネットワークは必要。比較的降雪が少ない常磐道の存在は大きい」と意義を説明する。
 開通区間は原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設予定地の双葉、大熊両町を通る。ある企業の幹部は「比較的高い線量地域で交通事故が起き、長時間動けなくなった時が心配だ」と指摘し、安全確保の態勢充実を求める。

 記事にある通り、工事再開後は、31μSv/hを計測したそうな。直前の事前公開でも5.5uSv/hだったという。これは年間で48mSvだ。今日はこの話題でネットは持ち切りだけど。 朝日によると、この区間を制限速度の時速70キロで通り抜けた場合、外部被曝(ひばく)線量は自動車で0・2マイクロシーベルトという。これ自体が高い数字だけど、もし、こういう場所で事故があればどういうことになるのか?ほんとうに、あたかも原発事故なんてなかったことのように、平然とこんなことをするのが、この国の政治のレベルであるということ。ほんとうにおそろしい。

« 「偏向教育」是正へ法改正検討 選挙権18歳にらみ「主権者教育」を充実 自民党が委員会設置 | トップページ | 上村君の母親コメント全文 今にも「母さん、母さん、お腹空いた」と言うのでは… »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61219993

この記事へのトラックバック一覧です: <常磐道全通>高い空間線量 安全対策が課題:

« 「偏向教育」是正へ法改正検討 選挙権18歳にらみ「主権者教育」を充実 自民党が委員会設置 | トップページ | 上村君の母親コメント全文 今にも「母さん、母さん、お腹空いた」と言うのでは… »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31