« やんばるからの伝言 | トップページ | 東日本大震災4年 追悼式 »

2015/03/12

【電子号外】防衛局、辺野古でボーリング調査再開 県の中断要請無視

 ニュースを見ていて、悔しくて、涙が出てくる。ほんとうに酷い!

Img5500f5ec8a9e9【電子号外】防衛局、辺野古でボーリング調査再開 県の中断要請無視(琉球新報)

 沖縄防衛局は12日午前10時半ごろ、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に向けた海底ボーリング調査を再開した。翁長雄志知事は前知事の埋め立て承認を検証する間は作業を見合わせるよう防衛省に要請していたが、これを無視し調査を強行した形だ。昨年9月以降から知事選や衆院選などで中断して以降、6カ月ぶりの調査再開。
 防衛局は12日午前までに、移設予定地に隣接するキャンプ・シュワブの臨時制限区域内に搬入していた大型のスパット台船を大浦湾側の調査地点に移動させた。大浦湾側は立ち入り制限水域を明確にするための浮標灯(ブイ)や浮具(フロート)で囲われており、移設に反対する市民や報道関係者が近づけないようにしている。海上保安庁の巡視船や防衛局の警戒船などが警戒に当たる中、掘削調査が再開された。
 昨年8月から9月にかけて海底の水深の浅い7カ所、陸上部分5カ所の計12カ所で調査を終えており、水深の深い残り12カ所の掘削調査を行う予定。…

 これが電子号外。

 写真にスパット台船が写る。4本の支柱で作業台を支える簡易な構造物だそうだが、水深の深い地点での作業に合わせ、ことし2月21日に作業船で辺野古沖にボーリング調査の支柱など関連資材を搬入していたという。防衛局はボーリング調査期間を3月31日までと設定しているが、期間内に終了する見通しは立っておらず調査期間を延長する方針だとも。

 翁長知事は「県民に対して説明がない中で物事を進めており、許せない状況だ」として遺憾の意を表明。政府に対して「県民に丁寧な説明をしたいとか、夏ごろには埋め立てを始めたいとか言うが、順序立てを全く考慮しないで先々の話に進めている」として、「あらゆる手法を駆使して、辺野古に新基地は造らせない」と。先日の県議会定例会でも「あらゆる方向に目を向け対処し、不退転の決意で頑張る」と述べているだけに、今後の対応を注目。

 ほんとうに沖縄も、日本も正念場を迎えている。心してがんばらないと。

« やんばるからの伝言 | トップページ | 東日本大震災4年 追悼式 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61269198

この記事へのトラックバック一覧です: 【電子号外】防衛局、辺野古でボーリング調査再開 県の中断要請無視:

« やんばるからの伝言 | トップページ | 東日本大震災4年 追悼式 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31