« <常磐道全通>高い空間線量 安全対策が課題 | トップページ | 多様な性、学校から支援 文科省、人権教育のテーマに »

2015/03/03

上村君の母親コメント全文 今にも「母さん、母さん、お腹空いた」と言うのでは…

 何かもう言葉も出ない…。

上村君の母親コメント全文 今にも「母さん、母さん、お腹空いた」と言うのでは…(産経新聞)

 殺害された上村遼太君(13)の母親が2日、弁護士を通じて発表したコメントの全文は次の通り。(表記は原文のまま)

 本日、遼太の通夜を執り行うことができました。
 優しい顔で寝ている遼太の姿を見ると、本当に遼太が死んでしまったのか分からなくなります。
 今にも起き上がって「母さん、母さん、お腹空いた。」と言うのではないだろうか。台所にいると、「ただいま。」と元気な声が聞こえ、帰ってくるのではないかと思ってしまいます。
 寝ている遼太に声をかけても、遼太が私を「母さん」と呼ぶことも、話すこともできなくなってしまったことが悲しくてたまりません。
 遼太は、本当に明るくて優しい子で、友達が多く、まわりの大人たちにもとても大事にされてきました。
 中学校1年生で、まだまだあどけなく、甘えてくることもありましたが、仕事が忙しかった私に代わって、すすんで下の兄弟達の面倒をみてくれました。
 私自身、仕事や家事に疲れたとき、何度も何度も遼太の姿に励まされることがありました。学校を休みがちになってからも、長い間休んでいると、きっかけがないと学校に行きづらくなるから、早く登校するように話してきました。ただ、遼太が学校に行くよりも前に私が出勤しなければならず、また、遅い時間に帰宅するので、遼太が日中、何をしているのか十分に把握することができていませんでした。
 家の中ではいたって元気であったため、私も学校に行かない理由を十分な時間をとって話し合うことができませんでした。
 今思えば、遼太は、私や家族に心配や迷惑をかけまいと、必死に平静を装っていたのだと思います。
 事件の日の夜、一度は外に出かけようとするのを止めることができたのだから、あのとき、もっともっと強く止めていれば、こんなことにはならなかったと、ずっと考えています。顔や体の酷い傷を見て、どれほど怖かっただろうか、どれほど痛かったかと思うと涙が止まりません。小さな遼太に、このような惨く、残忍なことを行える人間が存在することが信じられません。
 犯人が逮捕されましたが、遼太が帰ってくるわけではなく、犯人に対して何も考えることはできません。
 最後になりましたが、遼太のために河川敷に献花してくださった皆様、また、昼夜問わず捜査に尽力いただいている警察関係者の方に、厚く御礼と感謝申し上げます。

 悲しすぎる…。

 自分の子どもが、大きくは2度ほど、暴力事件にかかわったことがある。とくに、2度めは、「オレ、殺される」って、SOSを出してきた。そのときのことをふと思い出した。
 親は、ほんとに無力だ。やってあげれることはたかが知れている。それでも、必死で、いろいろ考え、いろいろ動いたけどね。あのとき、ほんとうに彼は恐怖の底にいたんだけど。

 うーん。

« <常磐道全通>高い空間線量 安全対策が課題 | トップページ | 多様な性、学校から支援 文科省、人権教育のテーマに »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61223544

この記事へのトラックバック一覧です: 上村君の母親コメント全文 今にも「母さん、母さん、お腹空いた」と言うのでは…:

« <常磐道全通>高い空間線量 安全対策が課題 | トップページ | 多様な性、学校から支援 文科省、人権教育のテーマに »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31