« 辺野古に陸自常駐 恒常的に共同使用 防衛省文書で判明 | トップページ | 辺野古の海保警備 激しさ増す 海上抗議で初の救急搬送 »

2015/03/04

東京難民

1 うーん。どういう感想をもてばいいのか。最初は、突然、大学を除籍になり、家も失って、ネットカフェ難民になるところからはじまる。そして騙されてホストクラブのホストに。ここまでは暗い。だけど、佐々部さんはやっぱり優しいから、ここから話が変わってくる。逃げ出して飯場の土方に。そして、ホームレスに。佐々部さんのやさしさが、登場人物に投影されてくる。
 ストーリーは、一面ではリアル。たしかに、どこにでもありそうな困難でもある。暴力や貧困ビジネスが近くにある。そのリアルさを佐々部さんは見せたかったのだと、そう思う。希望の語りづらさ。だけど、本当の困難は、もっと複雑で厄介だ。多くの場合は、困難になっていく過程の中で、さまざまな問題(病気など)をさらに抱え込むことになる。そのあたりは、うーん、リアルでない。
 では、それでも希望は、どこに。昨日、書いた「鉄くず拾いの物語」の貧困とちがって、現在の貧困は、孤立化しているのが特徴でもあろうか。明るく、人を信じようとする主人公の姿はそういう意味では、ちょっと特殊で、そこに希望を見ることはできないと思う。ならば、「どこに、終わってはいない」。そこが描けているわけではないのだけど。

 この2つは参考に。
貧困ツーリズム『東京難民』で語られたものと語られなかったもの 大西連×丸山里美×荻上チキ
どこにでもいそうな大学生が転落していく  映画「東京難民」が描く若者の貧困のリアル みわよしこ

« 辺野古に陸自常駐 恒常的に共同使用 防衛省文書で判明 | トップページ | 辺野古の海保警備 激しさ増す 海上抗議で初の救急搬送 »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61229979

この記事へのトラックバック一覧です: 東京難民:

« 辺野古に陸自常駐 恒常的に共同使用 防衛省文書で判明 | トップページ | 辺野古の海保警備 激しさ増す 海上抗議で初の救急搬送 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30