« ウェディング・キャンペーン | トップページ | 「辺野古の運動に参加を」 島ぐるみ会儀が声明 »

2015/02/02

「痛恨の極み」「検証必要」 与野党反応

 昨日から、どう受けとめていいのかわからない自分がいる。あまりにも、衝撃的で。だけど、いやそれは事実ではないのだと信じたい自分もいる。だけど、冷静に考えないと。

「痛恨の極み」「検証必要」 与野党反応(東京新聞)

 自民党の谷垣禎一幹事長は一日、日本人人質事件で後藤健二さんを殺害したとする動画がインターネット上で公開されたことに関し、NHK番組で「非常に卑劣なテロ行為だ」と批判。中東への人道支援については「日本の得意な非軍事的分野に力を入れるべきだ。ここで引いてしまうとテロに屈したことになりかねない」と強調した。
 公明党の井上義久幹事長は東京都内で「痛恨の極みだ。在留邦人への危険が高まる可能性もあり、政府は邦人保護に取り組んでほしい」と記者団に表明した。
 民主党の岡田克也代表は党本部で記者団に「最悪の結末を迎えたことは痛恨の極みだ」とした上で、「こうした事態が二度と起こらないよう事件の検証は必要だ」と、国会論戦などを通じて政府の対応に問題がなかったかどうか点検する考えを示した。
 維新の党の江田憲司代表は談話で「蛮行に強い憤りを覚える」と非難し、政府に対して国会での経緯の説明を求めた。
 共産党の志位和夫委員長は声明で「いかなる口実をもっても許されない残虐非道な蛮行」と指摘し「イスラム国」解体に向け国際社会の協力が必要と訴えた。また「政府対応について冷静な検証が必要だ」と情報公開を求めた。…

 あまりにも卑劣な行為で、それは決して容認されることではないことはだれもが一致することだと思う。そのことは前提。

 今日も、国会では、安倍さんが発言した「罪の償い」という言葉が議論になった。政府の説明では、それは「法の裁き」という意味だと言った。だけど、それは、同じ意味の言葉なのか。

 この問題に関連して、交渉している政府を批判すべきではいという議論への批判がある。だけど、多くの政治家は、政府を批判すべきでないとは言っていない。交渉している時点では、情報はすべて政府が握っている。情報がないもとで、推測だけで批判すべきでないということ以上でも以下でもないのだと思う。確定した事実にもとづいた批判はいつでも当然だし、だからこそいま必要なのは情報公開だということはいうまでもない。そしてもちろんボクらは、この経過に大いに疑問をもっている。

 国際法の解釈などもいろいろと議論される。先の償いという言葉の問題だけではなく、政府の議論に矛盾はないのか。国会審議がスタートしただけに、かなりきちんとみていく必要がある感じはする。
 と、同時に議論は、集団的自衛権の議論もおこなわれている。法案の肝心なところは答弁を避けるが、同時に、かなり問題のある発言もおこなわれているようだ。それだけにていねいにウオッチしないとまずい状況。さてさて、仕事がたいへんだぞ。

 だけど、ただただ、いまだに暴力が支配し、困難な状況、人々が存在するこの世界が存在するもとで、ボクらに何ができるのか、何をしなければならないのかを問いかけるしかないのだと。

« ウェディング・キャンペーン | トップページ | 「辺野古の運動に参加を」 島ぐるみ会儀が声明 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61076087

この記事へのトラックバック一覧です: 「痛恨の極み」「検証必要」 与野党反応:

« ウェディング・キャンペーン | トップページ | 「辺野古の運動に参加を」 島ぐるみ会儀が声明 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31