« NHKが危ない! 「政府のNHK」ではなく「国民のためのNHK」へ | トップページ | 辺野古、未明搬入 停止指示直後「またか」 »

2015/02/18

韓国人教授の著書が軍慰安婦の名誉を毀損=ソウル地裁

 パク・ユハの『帝国の慰安婦』をめぐる裁判の第一審判決。

韓国人教授の著書が軍慰安婦の名誉を毀損=ソウル地裁(朝鮮日報)

 韓国で出版された朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授(日本語日本文学科)の「帝国の慰安婦-植民地支配と記憶の闘争」が旧日本軍の慰安婦被害者を「売春婦」「日本軍協力者」と侮辱し、元慰安婦の名誉を毀損(きそん)したとして、被害者9人が同書の販売差し止めなどを求めた仮処分申請について、ソウル東部地裁は17日、申し立てを一部認めたと発表した。
 裁判所は、日本が慰安婦の強制動員や慰安所の運営などに広範囲に関与した歴史的事実と軍慰安婦の性的奴隷、被害者としての地位を考慮し、朴氏の記述が慰安婦被害者の名誉を傷つけたと判断した。
 裁判所は「軍慰安婦について『精神的な慰安者』『軍人の戦争遂行を助けた愛国女性』『自発的な売春婦』などと表現した部分を同書から削除しなければ、軍慰安婦の名誉や人格権に多大な損害が発生しかねない」と説明。
 また「軍慰安婦らが民間業者にだまされて集められたとしても、軍部隊付属の慰安所に連行されてはじめて自分の置かれた状況を知った。抵抗すれば日本の軍人に暴力や脅迫を受けたため、軍慰安婦は日本の売春婦とは異なる」と説明した。
 ただ、軍慰安婦の名誉を毀損する表現とは関係のない、著者の個人的な意見については、販売差し止めの対象にはならないとした。…

 「ナヌムの家」の入居者たちが訴えた裁判。それだけに重みがある。
 たしかに、韓国に行って、様子を見ると、政治が、時の保守政権が、犠牲を偶像化するようなそういう傾向があるとは思う。しかし、言葉につくせない苦難というのは歴史的事実。その受けとめ方が、かの国と日本とはあまりにも違うのだと思う。日本の政治には、なかなかこの被害者の声を受けとめることができない。
 『帝国の慰安婦』そのものについては、抒情的でかつ主観的という批判がいちばんあうのでは。詳しい感想は後日、どこまで書き込もうとは思うけど。

« NHKが危ない! 「政府のNHK」ではなく「国民のためのNHK」へ | トップページ | 辺野古、未明搬入 停止指示直後「またか」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61157278

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人教授の著書が軍慰安婦の名誉を毀損=ソウル地裁:

« NHKが危ない! 「政府のNHK」ではなく「国民のためのNHK」へ | トップページ | 辺野古、未明搬入 停止指示直後「またか」 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30