« 辺野古沖のブロック設置停止を指示 翁長知事、許可取り消しも | トップページ | 内閣支持率上昇50% 70年談話「おわび必要」52% 朝日新聞社世論調査 »

2015/02/16

首相、恒久法の制定方針明言 「切れ目ない対応」、衆院本会議

 安保法制もいよいよ本格的な論戦になっていくんだよなあ。

首相、恒久法の制定方針明言 「切れ目ない対応」、衆院本会議(共同通信)

 安倍首相は16日の衆院本会議で、安全保障法制をめぐり、自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法を制定する方針を明言した。「あらゆる事態に切れ目のない対応を可能とすることが重要だ。将来具体的なニーズが発生してから、あらためて立法措置を行うという考え方は取らない」と述べた。
 集団的自衛権行使の判断基準となる「武力行使の3要件」を満たす可能性のある具体的事例として、邦人を輸送中の米艦が攻撃を受けた際の防護や、日本への原油輸送ルートである中東・ホルムズ海峡が機雷で封鎖された場合を挙げた。
 憲法改正については「しっかりと着実に取り組んでいく」と、重ねて意欲を示した。

 与党協議は、まったくの密室でいらいらするわけだけど、今回の、そしてこれまでの国会での議論をみただけどもことの重大性はよくわかる。これは、集団的自衛権行使容認にとどまらない、戦争参加のための法改正だということ。「切れ目のない」ということはそういうことだ。アメリカのおこなう戦争に、きれめなく協力する…。それが積極的平和主義の正体だと言うこと。そのための法制だ。いささかの軽視もなく、よくよく議論をしていかないと!

« 辺野古沖のブロック設置停止を指示 翁長知事、許可取り消しも | トップページ | 内閣支持率上昇50% 70年談話「おわび必要」52% 朝日新聞社世論調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61150146

この記事へのトラックバック一覧です: 首相、恒久法の制定方針明言 「切れ目ない対応」、衆院本会議:

« 辺野古沖のブロック設置停止を指示 翁長知事、許可取り消しも | トップページ | 内閣支持率上昇50% 70年談話「おわび必要」52% 朝日新聞社世論調査 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31