« 内閣支持率上昇50% 70年談話「おわび必要」52% 朝日新聞社世論調査 | トップページ | NHKが危ない! 「政府のNHK」ではなく「国民のためのNHK」へ »

2015/02/17

セクハラ被害 31% 議会や有権者 根強い蔑視

 東京新聞が、昨日から上中下で連載している、アンケート結果。

セクハラ被害 31% 議会や有権者 根強い蔑視(東京新聞)

 「女性が輝く日本」を安倍政権は掲げるが、地方議会の女性比率は、全国で一割強にとどまっている。なかなか増えない理由と改善策を探るため、本紙は四月の統一地方選を前に、東京都内市区町村の全女性議員にアンケートを実施した。その結果、社会の根強い女性蔑視などさまざまな課題が浮かび上がり、同僚や有権者からのセクハラ経験は三割に上ることが分かった。
 「議員なんかやめて早く結婚しろ」
 中村延子・中野区議(33)=一期=は懇親会の酒席などで、男性区議から何度言われたか分からない。悪気はなくても、女性への差別意識を感じ、不快だ。「民間企業では考えられないほど、議会は体質が古い」
 これとほぼ同じ言葉で昨年、塩村文夏(あやか)都議(36)が本会議中にヤジを受けた問題は、海外メディアも報道するなど社会問題化した。
 懇親会などで嫌な思いをした議員は多い。女性区議(50)=一期=は、男性区議と区の男性管理職に手を取られ、チークダンスを踊らされた。「びっくりした。逃げられなかった」
 女性市議(51)=三期=は以前、議員休憩室で気心の知れた男性議員に軽く背中をたたかれた。それを見た別の男性議員が「セクハラか? 喜んでるから違うな」。続いて、周りの十人ほどからどっと笑われた。「悔しい。なんて幼稚」
 有権者のいやがらせもある。
 「びっち」。鈴木ひろみ新宿区議(31)=一期=は政治活動用ポスターに、汚く落書きされた。英語で女性を侮辱する意味の言葉(bitch)などを、二カ月間に三十枚。産休取得を公表した後のことだ。嫌がらせメールも来た。「議員のくせに辞めてから出産しろ」
 三十代女性区議=一期=の自宅に宅配便でTシャツと手紙が届いた。「ノーブラでこのシャツを着て写真送って」。送り主は、支援者が紹介してくれた男性だった。
 このほかの回答にも、女性議員の怒り、悔しさがあふれていた。「古い男性議員は大きな声で威嚇するので女はひるむ」「ファッションをとやかく議員に言われる」「『女は引っ込んでろ』と街頭演説で罵声をあびた」…。…

 さらに中がこれ。「女性は不利」 18.8% 旧態依然の家族観足かせ

 もっとも民主的であるべき議会で、こんな状況であるのは暗澹として気分になる。しかも、東京という都会で…。
 実は、新日本婦人の会が、少し前、「全女性地方議員アンケート」を実施している。その結果が
“私が感じた差別”-全女性地方議員アンケートの結果について
 これは女性だけではなく、結局は、マイノリティの権利そのものが踏みにじられる政治の現場だということ。ボクも、地元の議会の議員への要請などで、驚くような経験をたくさんしてきたけどねえ。これじゃなあ。
 地方選挙では、こういう議会のありようそのものも問いかけたいものでもあるのだけど。

« 内閣支持率上昇50% 70年談話「おわび必要」52% 朝日新聞社世論調査 | トップページ | NHKが危ない! 「政府のNHK」ではなく「国民のためのNHK」へ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61152498

この記事へのトラックバック一覧です: セクハラ被害 31% 議会や有権者 根強い蔑視:

« 内閣支持率上昇50% 70年談話「おわび必要」52% 朝日新聞社世論調査 | トップページ | NHKが危ない! 「政府のNHK」ではなく「国民のためのNHK」へ »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31