« 「一方的ではない」 知事、菅氏に反論 サンゴ調査 | トップページ | 環境相・法相側にも寄付 補助金交付企業 計200万円 »

2015/02/27

辺野古 大型クレーンが海上作業 北部国道、テント撤去の注意書読み上げ

 キャンプシュワブ前の攻防も重大局面。

辺野古 大型クレーンが海上作業 北部国道、テント撤去の注意書読み上げ(琉球新報)

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設計画で27日午前、大浦湾の海上では、海底ボーリング調査に使用するとみられる棒状の資機材を台船から大型クレーン船に移し替える作業が続いている。台船は26日早朝に別の大型クレーン船とともに追加投入された。台船にはボーリング調査の資機材が敷き詰められていた。
 一方、米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、新基地建設に抗議する市民らが夜通しの抗議行動を続けている。沖縄総合事務局北部国道事務所は市民らがゲート前に設置したテント撤去を求めており、26日夜から15分ごとにテント前の巡回を続けている。27日午前8時47分ごろには、北部国道事務所の大城純一副所長ら職員12人が集会中の市民らの前に現れ、テントや横断幕などの撤去を求める注意書を読み上げた後、26日夕に設置した看板に注意書を貼り付けて立ち去った。…

 官邸が撤去をもとめたわけだから、もう力づくでやってくる可能性も強い。大丈夫だろうか?

 一方で、こんなニュースもある。

米高官のテント撤去要求 国防総省当局が否定(琉球新報)

 米国防総省当局者は25日、名護市の米軍キャンプ・シュワブを今月上旬に訪れたエステベス副次官らが新基地建設に反対する市民らのテントの撤去などを求めた件で、「副次官は抗議活動や抗議者への対応を議論していない」と否定する見解を示した。
 同省は今月上旬の報道発表では、副次官が視察時に「抗議活動などの課題も議論した」と明記している。
 当局者は「副次官は在沖米軍から抗議状況の報告は受けたが、具体的な指示は出していない。副次官はインフラ整備などが主な担当で、施設保安や抗議への対応は権限外だ」と説明した。
 当局者の発言は、抗議行動への介入を否定することで普天間飛行場の移設計画に反対する市民との緊張を避ける思惑があるとみられる。別の当局者は「(抗議活動に介入すると)事態が複雑になる。一義的に日本側に対応を任せるのが米政府の基本方針だ」と述べた。
 シュワブでは22日に「上の指示」に基づきゲート前で抗議活動をしていた市民を拘束しており、抗議活動への関与について国防総省や米軍内でも温度差がある可能性がある。…

 アメリカ国防総省内部も、だいぶ混乱している感じだよなあ。これだけの抗議を前に。それだけに、アメリカ政府の動向は、今後もちょっと注目されると思う。

« 「一方的ではない」 知事、菅氏に反論 サンゴ調査 | トップページ | 環境相・法相側にも寄付 補助金交付企業 計200万円 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61204046

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古 大型クレーンが海上作業 北部国道、テント撤去の注意書読み上げ:

« 「一方的ではない」 知事、菅氏に反論 サンゴ調査 | トップページ | 環境相・法相側にも寄付 補助金交付企業 計200万円 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31