« 「日本は平和国家」81%…戦後70年世論調査 | トップページ | 米軍、東村高江ヘリ着陸帯を本格運用 »

2015/02/25

第3次安倍内閣の暴走にいかに立ち向かうか

10982139_852443144816432_1148985876 久しぶりに治さんの話を聞いてきた。短い時間で安倍内閣の安保法制化の動向について指摘する。安倍内閣の二つの顔だとか、軍事大国化の3つの柱という渡辺さんならではの分析を指摘しつつ、国民との攻防という側面に注目するのも渡辺流。
 あらゆる場合に自衛隊が海外に出動するために、2つの障害物(海外派兵の禁止と武力行使と一体化しない)の排除をまざした閣議決定の特徴を指摘したうえで、現在の安保法制化について、その立法化のねらいを3つに整理する。①あやゆる地域のアメリカの戦争に自衛隊後方支援、②アメリカの戦争に武力行使、集団的自衛権行使、自衛隊法改悪、周辺事態法改悪、③日米共同軍事作戦、演習等への全面参加、緊密化、グレーゾーン事態での米軍等支援。短い時間でもさすがの分析であるなあ。


« 「日本は平和国家」81%…戦後70年世論調査 | トップページ | 米軍、東村高江ヘリ着陸帯を本格運用 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61195473

この記事へのトラックバック一覧です: 第3次安倍内閣の暴走にいかに立ち向かうか:

« 「日本は平和国家」81%…戦後70年世論調査 | トップページ | 米軍、東村高江ヘリ着陸帯を本格運用 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31