« 安倍首相の中東訪問、タイミング「不適切」55%(追加有) | トップページ | シュワブ米兵、拳銃抜き歩く 辺野古抗議活動市民「威嚇だ」 »

2015/02/10

外国軍活動支援を容認=ODA、新大綱を決定

 うーん。非軍事というが、軍に支援するわけだ。

外国軍活動支援を容認=ODA、新大綱を決定(時事通信)

 政府は10日午前の閣議で、政府開発援助(ODA)大綱に代わる、新たな「開発協力大綱」を決定した。外国軍や軍関係者が関与する活動への支援について、災害後の復旧・復興などの非軍事の分野で、軍事転用の恐れがないことを条件に初めて容認を明記した。大綱の見直しは2003年以来。
 新大綱は、安倍晋三首相の積極的平和主義を踏まえ、「国際社会の平和と安定および繁栄の確保に、より一層積極的に貢献することを目的として開発協力を推進する」と掲げた。また、こうした取り組みを通じ「国益の確保に貢献する」とした。
 外国では軍が災害復旧・復興のほか、出入国管理や気象などの業務を担うケースがあることも考慮。「実質的意義に着目し、個別具体的に検討する」と柔軟な対応を定めた。従来のODAの軍事転用を回避するとの方針は維持した。

 日本の自衛隊でさえ、人道支援という名のもとに、米軍をバクダッドに運ぶ活動をした。軍の活動にあえて非軍事のみでくくれるものがあるのか、その歯止めはどこにあるのか? なかなかたいへんな問題だ。そして、外国の軍を支援するということがどういうことなのか。このあたりを説得力をもって語るのはどうすればいいのか?

 詳しい情報は外務省のここ。

« 安倍首相の中東訪問、タイミング「不適切」55%(追加有) | トップページ | シュワブ米兵、拳銃抜き歩く 辺野古抗議活動市民「威嚇だ」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61113995

この記事へのトラックバック一覧です: 外国軍活動支援を容認=ODA、新大綱を決定:

« 安倍首相の中東訪問、タイミング「不適切」55%(追加有) | トップページ | シュワブ米兵、拳銃抜き歩く 辺野古抗議活動市民「威嚇だ」 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31