« 高江抗議テント消える 米軍・国・県は関与否定 | トップページ | 憲法9条から考える 非暴力・反暴力の思想について »

2015/02/21

風立ちぬ

B5e954800995349f772d6900c6253fc58ca 昨日、放映されていたこの映画を今日、見た(二男といっしょに)。これまで、どうしても見る気になれず、見ていなかった。たしかに美しい映画。宮崎さんらしい。主人公と、その相手との切ない思い。10年にかけた思い。二男は創造が大事だという。だけど、社会から離れた技術や創造なんてありはしない。零戦はもっとも酷い兵器である。それは攻められる側にとっても、その乗り手にとっても。美しい技術なんてあるのだろうか?少なくとも零戦を美しい物語にしてはいけない。この映画を反戦映画という人がいる。ボクにはそうは思えない。「生きて」「生きねば」というメッセージはボクには届かなかった。


« 高江抗議テント消える 米軍・国・県は関与否定 | トップページ | 憲法9条から考える 非暴力・反暴力の思想について »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

宮崎駿氏は兵器オタクの反戦主義者なんで…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61174308

この記事へのトラックバック一覧です: 風立ちぬ:

« 高江抗議テント消える 米軍・国・県は関与否定 | トップページ | 憲法9条から考える 非暴力・反暴力の思想について »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30