« 憲法9条から考える 非暴力・反暴力の思想について | トップページ | 米軍が市民3人拘束 辺野古中止訴え集会 »

2015/02/22

アジアから見る日本―『戦後』70年と私たち

10639589_850877428306337_3715446522 今日は、朝から内海さんの話を聞きに、東京歴教協議会の研究集会に。
 内海さんの話はいつもおもしろい。なぜ加害の意識化が大事かということを、植民地支配というものがどういうものかを語る。まず戸籍法(国籍)というものがどういうものか、からはじめる。そして、戦犯裁判の話に。とりわけBC級戦犯と、そこで裁かれた朝鮮人、台湾人の話に。話は、戦後の講和と賠償。そこに欠落していたものをという構成。戸籍法にしても、しっかり頭に入っていなかったことが、整理されたり。植民地支配の実相で何が明らかになって、何が課題なのかも、いろいろ整理された。いろいろ、内海さんの研究の歩みも垣間見れた感じがする。

« 憲法9条から考える 非暴力・反暴力の思想について | トップページ | 米軍が市民3人拘束 辺野古中止訴え集会 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61180876

この記事へのトラックバック一覧です: アジアから見る日本―『戦後』70年と私たち:

« 憲法9条から考える 非暴力・反暴力の思想について | トップページ | 米軍が市民3人拘束 辺野古中止訴え集会 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31