« 高校生の就職状況調査結果 進路情報研究センター調査レポート Vol.8 | トップページ | 高校生の就職状況調査結果 進路情報研究センター調査レポート Vol.8 »

2015/02/19

2015年度 就職活動に対する保護者の意識調査

 さらにもう1つ。こちらはマイナビ。

2015年度 就職活動に対する保護者の意識調査

子供の就職活動への関心 ≫
■ 子供の就職に対して関心のある保護者が7割。

実際の就職支援活動 ≫
■ 就職に関する支援は「資金的な援助」が中心。運転免許取得も約半数が支援。
■ 支援する金額は宿泊費・交通費で平均15万円、衣装代その他で12万円。
■ 母親を中心に就職の進捗を確認。

子供の就職環境に対する知識 ≫
■ 就職環境が「厳しい」と感じている割合が8割。
■ 2016年の就職活動時期変更を認識している親は半数。

子供の就職先に対する願望 ≫
■ 就職先企業に求めるものは「経営の安定」で、業種としては「官公庁・公社・団体」が人気。
■ 「親と同じ職業に就いて欲しい」割合は公務員の親を中心に3割強。
■ 海外就職を「望まない」が36.3%。
■ 「定年まで勤めて欲しい」割合は6割。資格取得を希望する割合は2割程度。
■ 就職先の基準は「公務員>有名>大企業>ベンチャー」で変わらず。
■ 卒業してから新卒で就職活動を容認する割合が7割。

子供の大学入学時の選択基準 ≫
■ 大学選択は子供主体の選択が多く、就職実績は半数の親が重視。

 これがその詳細データ。

 親の意識はあいかわらず従来型といえばそうなんだけど…。うーん。まだまだギャップが。

« 高校生の就職状況調査結果 進路情報研究センター調査レポート Vol.8 | トップページ | 高校生の就職状況調査結果 進路情報研究センター調査レポート Vol.8 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61162017

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年度 就職活動に対する保護者の意識調査:

« 高校生の就職状況調査結果 進路情報研究センター調査レポート Vol.8 | トップページ | 高校生の就職状況調査結果 進路情報研究センター調査レポート Vol.8 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30