« Q+リポート シュワブ前・新たに座る人々の思い | トップページ | 津波と原発災害の象徴、富岡駅を解体 JR常磐線 »

2015/01/28

辺野古に数十トンブロック投入 防衛局、作業を強行

 沖縄では、ほんとにひどいことが続いている。ちょっとなあ。こんなこと、許されるのか。

辺野古に数十トンブロック投入 防衛局、作業を強行(琉球新報)

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で27日、大型クレーン船など作業船計7隻が大浦湾に到着した。沖縄防衛局は大型クレーン船で浮具(フロート)や浮具を固定するためのトンブロック(数十トン規模のコンクリートブロック)を設置する作業を開始。これまでで最大規模の海上作業となる。翁長雄志知事は26日に立ち上げた第三者委員会で埋め立て承認の取り消し撤回を視野にした検証期間中、海上作業を見合わせるよう求めていた。政府は要請を聞き入れず作業を強行した格好で、翁長知事は「できる限りの対処をしたい」と反発を強めている。
 防衛局は環境影響評価書で「日の出1時間程度後から日没1時間程度前の間に作業を行うよう努める」としてジュゴンなど環境への影響を考慮することを明記した。だが、27日の作業が始まったのは日の出前の午前7時すぎだった。
 さらにトンブロックについても県が新たな岩礁破砕に当たる可能性があるとして防衛局に詳細を問い合わせていた。だが、回答しないまま設置作業を開始。防衛局は「個別の作業には答えられない」としている。
 防衛局は27日午前7時すぎ、大型クレーン船2隻と資材運搬用の台船3隻など計7隻を大浦湾に投入した。作業はキャンプ・シュワブのビーチ沿岸を囲んだフロートの中で行われた。大型クレーン船が何度も向きを変えながら、トンブロックを次々と海中に投下した。
 関係者によると今後2、3日かけて施工区域を山形のフロートで囲い、準備が整い次第、事実上の埋め立て工事となる仮設桟橋(岸壁)設置作業を開始する。2月に大型スパット台船を投入し12カ所の海底ボーリング調査を実施する予定。…

 あの美しい海に、大きなブロックが投げ込まれる…。環境問題が、承認の手続き検証の1つの大きなテーマであるにもかかわらずだ! ほんとうに検証が急がれる。

 オイルフェンスで囲まれ、海保が警戒し、市民の抗議も近づけない。ほんとに腹立つなあ。しかも、現場での警備が過剰で負傷者を出していると、市民と国会議員が、謝罪や補償を求めたことにたいし、海保は、「けがをさせた認識は持っていない」と言い、海保の対応を原因とする負傷者はいないとの見解を示したというのだから。もう、許せないなあ。
 いよいよ、国会で本格的な論戦がはじまっている。30日は予算委員会で、赤嶺衆院議員が質問に立つ。期待するぞ!

« Q+リポート シュワブ前・新たに座る人々の思い | トップページ | 津波と原発災害の象徴、富岡駅を解体 JR常磐線 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61049264

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古に数十トンブロック投入 防衛局、作業を強行:

« Q+リポート シュワブ前・新たに座る人々の思い | トップページ | 津波と原発災害の象徴、富岡駅を解体 JR常磐線 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30