« 暮らし抑え 防衛重視 安倍政権 予算案決定 | トップページ | 辺野古移設、実行力を注視 米議会報告書 »

2015/01/18

1月17日 辺野古

10429413_833538110040269_493745960910408630_833531403374273_627815149610896959_833526946708052_282940441520150117_15165520150117_154714 今年はじめての沖縄に取材で。取材後、若手研究者のAさんにお願いして、辺野古に足をのばした。緊迫度をます時期だけに、どうしても行っておきたかった。Aさんには感謝。名護市辺野古への米軍新基地建設に向けた作業を、土曜日にもかかわらず続けている。基地建設に反対する市民らは、海上と米軍キャンプ・シュワブのゲート前で引き続き抗議行動をしている。防衛局はこの日、抗議行動を排除するため、浮具(フロート)を辺野古崎から長島の近くまで広げ、海上保安庁のゴムボートや巡視船が多数警戒にあたり、抗議の声を封鎖する動きを強めている。昨日は、共産党の県議も駆けつけていた。
 緊迫感はまし、重大な事態になっている。何としても阻止をするための正念場。だけど同時に、市長選挙から市議選、知事選、県議補選、そして総選挙と選挙での度重なる勝利で、阻止のための政治的条件を大きく切り拓いただけに、夏に訪れたときとちがって悲壮感はない。そのぐらい自信にみちあふれている。そしてそれだけに条件はある。つまり追い込まれているのは政府だ。これだけ強硬な態度を政府が取っているのも、そのせいだ。辺野古では見慣れた顔もありました。


1546017_833063736754373_2356650328610303797_833063713421042_3570847569 前日には、不屈館に行ってきた。内村館長ともおしゃべり。県民の要求に基づく統一。それがセナガが訴えたことでもある。


« 暮らし抑え 防衛重視 安倍政権 予算案決定 | トップページ | 辺野古移設、実行力を注視 米議会報告書 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60995321

この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日 辺野古:

« 暮らし抑え 防衛重視 安倍政権 予算案決定 | トップページ | 辺野古移設、実行力を注視 米議会報告書 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30