« 歴史教科書選定問題 請願、4カ月審議せず 「議事録作成に時間」川崎市教委が釈明 | トップページ | ウェディング・キャンペーン »

2015/01/29

辺野古移設 国の監視委内部で疑義 環境対策に異論

 いかに、この新基地建設が、問題のあるものかは、政府自身が語っているということ。

辺野古移設 国の監視委内部で疑義 環境対策に異論(琉球新報)

 名護市辺野古への米軍普天間代替基地建設に向け、事業に伴う環境保全策を検討するため沖縄防衛局が設置した環境監視等検討委員会(委員長・中村由行横浜国立大大学院教授)をめぐり、委員自らが監視委の客観性確保や環境影響判断の難しさに疑問を呈し、第三者機関設置を求めていたことが、28日までに関係者への取材で分かった。監視委の途中経過の協議の中で第三者委設置が求められていたもので、監視委の役割について内部からも疑義が出された格好だ。
 一方、昨年の台風19号の影響で、海底ボーリング(掘削)調査海域を囲む浮具(フロート)を海底に係留していた重量160キロの鋼板アンカーなど248個のうち120個がなくなっていた。また、埋め立て区域内にある大型ハマサンゴ群体一つが損傷し、辺野古の海草藻場で最大で長さ265メートルなど36本のアンカー移動の痕跡が見つかっていた。変更申請の美謝川切り替えでは環境負荷の大きい案が選ばれていた。
 監視委は2013年末、公有水面埋め立て申請書を承認した仲井真弘多前知事が事業に伴う環境保全策を検討する機関を求め、防衛局が設置した。14年度から非公開で3回開かれたが、協議内容はほとんど不明だ。工事中や米軍施設供用後の環境把握のため、防衛局が進める事後調査計画策定や調査実施後の評価、環境影響の総合評価までの指導・助言が監視委に一任されている。第三者機関設置を求めた委員からは「(計画の)審査側と評価側が同じなのは問題」「工事の影響判断は第三者的な専門家が行うスタイルが必要だ」などと、客観性や科学性が疑問視されていた。…

 それでも、工事を強行するというのか。

 実際に、事態は今日もすすんでいる。

海上に四角の枠設置 辺野古作業で沖縄防衛局(琉球新報)

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設計画で、沖縄防衛局は29日午前9時半ごろ、約7メートル四方の枠2基を、大型クレーン船を使って同市瀬嵩側の大浦湾に設置した。10時43分現在、2基の枠のうち、1基は大型クレーン船とつながっている状態。クレーン船の周りは油防止膜(オイルフェンス)や浮具(フロート)で囲まれた。
 海上では、市民らのカヌー16艇と市民の抗議船など3隻が臨時制限区域を示すオイルフェンスの間近で抗議し、海上保安庁のゴムボート約20艇などによって排除されたが、再び抗議を続けている。
 一方、米軍キャンプ・シュワブゲート前では新基地建設に反対する市民ら約60人が抗議活動を展開している。市民らは二手に分かれ、2カ所のゲートの前で「新基地反対」などと書かれたプラカードを掲げ、「工事を直ちにやめろ」「海を壊すな」とシュプレヒコールを上げた。

 悔しいなあ。

« 歴史教科書選定問題 請願、4カ月審議せず 「議事録作成に時間」川崎市教委が釈明 | トップページ | ウェディング・キャンペーン »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61053026

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古移設 国の監視委内部で疑義 環境対策に異論:

« 歴史教科書選定問題 請願、4カ月審議せず 「議事録作成に時間」川崎市教委が釈明 | トップページ | ウェディング・キャンペーン »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30