« 辺野古移設 国の監視委内部で疑義 環境対策に異論 | トップページ | 「痛恨の極み」「検証必要」 与野党反応 »

2015/01/29

ウェディング・キャンペーン

Enseiki 友だちから借りて見た映画。最近、韓国映画が多いって? だって、いちばんおもしろいんだもん。主演は、77番のチョン・ジェヨン。相手役は野王で悪女役を見せつけたスエ。田舎の婚期を過ぎた素朴な未婚男性たちの結婚遠征を描いたもの。だけど、のっけから、食糧の輸入の問題など、当時の韓国政治の焦点だった問題をちりばめながら。舞台はウスベキシタン。ソ連の北朝鮮との国境にいた朝鮮民族がスターリンの強制移住で、移された地。物語の軸に、ネタバレになるけど、”脱北”という重いテーマをおく。だから、実は重い映画なんだ。それをからっとしたコメディで展開する。ストーリーや映画の作り方は、まるで、寅さんとセットでつくられていた、松竹のB級映画を見ているみたいだった。だからすごくほっとする。ネットの評価はそんな高くないけど、ボクと同じような映画の志向をもつ人が見れば、これは絶対におもしろいです。ほんとに面白かった。友人に感謝です。

« 辺野古移設 国の監視委内部で疑義 環境対策に異論 | トップページ | 「痛恨の極み」「検証必要」 与野党反応 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61055497

この記事へのトラックバック一覧です: ウェディング・キャンペーン:

« 辺野古移設 国の監視委内部で疑義 環境対策に異論 | トップページ | 「痛恨の極み」「検証必要」 与野党反応 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31