« わずか1%の最富裕層、世界中の富の48%保有 | トップページ | 抗議行動200日 辺野古のゲート前で議員総行動 »

2015/01/21

公正税制で格差是正を 反貧困活動の弁護士らが連絡会

 でもって、日本では、反貧困のグループの人たちが、こんなアクション!

公正税制で格差是正を 反貧困活動の弁護士らが連絡会(東京新聞)

 貧しい人が増える一方、富裕層が税で優遇され、貧富の格差が広がっているとして、弁護士や反貧困を訴える市民らが「公正な税制を求める市民連絡会(仮称)」を設立する。宇都宮健児弁護士らが二十日、会見し「税の決定過程や使われ方を監視し、税制改革を提言したい」と訴えた。準備会をつくってさまざまな団体や個人に参加を呼びかけ、その後に正式に発足させる。
 呼び掛け人は宇都宮弁護士のほか、新里(にいさと)宏二弁護士、水谷英二司法書士、反貧困ネットワーク世話人の赤石千衣子(ちえこ)さん、作家の雨宮処凛(あまみやかりん)さんの計五人。
 会見で宇都宮弁護士は「消費税は低所得者や中小企業ほど負担感が強く、格差をますます拡大する。消費税を上げるのに法人税を下げるのは納得がいかない」と話した。
 さらに「赤字を翌年以降に繰り越して法人税を大幅に軽くできたり、輸出企業は国から消費税の還付を受けられたりできる」と、主に大企業を対象にした優遇策を批判した。
 赤石さんは「経済成長といっても、(富を)持てる人がもっと持てるようになり、多くの人にはちっとも滴(したた)り落ちてこない。食べるものも十分でないという子どもが増えている」と指摘。
 「所得の高い人が税を多く負担し、持たざる者に再分配するという機能が弱体化している。税の仕組みは難しく、お上が決めることに口出しできないというのではまずい時代。多様な意見を議論する場をつくりたい」と訴えた。…

 2月15日午後2時から、「税金を払わない巨大企業」と題したシンポジウムを開くそうだ。場所は四ツ谷の主婦会館プラザエフ。富岡幸雄・中央大名誉教授が講演する。
 とりわけ、富裕層と大企業への税制優遇がすすんで、財政の再分配機能がこわれているだけに、こうした議論はとっても望まれるなあ。

« わずか1%の最富裕層、世界中の富の48%保有 | トップページ | 抗議行動200日 辺野古のゲート前で議員総行動 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61010073

この記事へのトラックバック一覧です: 公正税制で格差是正を 反貧困活動の弁護士らが連絡会:

« わずか1%の最富裕層、世界中の富の48%保有 | トップページ | 抗議行動200日 辺野古のゲート前で議員総行動 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31