« 1月17日 辺野古 | トップページ | ピケティ入門  『21世紀の資本』の読み方 »

2015/01/18

辺野古移設、実行力を注視 米議会報告書

 まだ、ウェブでは見つからないなあ。

辺野古移設、実行力を注視 米議会報告書(沖縄タイムス)

 米議会調査局は15日に発表した日米関係に関する報告書で、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画は、埋め立て承認で最大の課題を克服したものの、昨年の主要選挙でいずれも反対を唱えた候補者らが勝利したと指摘した。強硬姿勢を鮮明にする安倍政権の実行力を米側が注視している点にも言及している。
 報告書は、昨年の名護市長選、知事選、衆院選で、辺野古を容認した自民党系候補者らが敗北した主要因について「安倍政権の普天間移設をめぐる強硬姿勢」と指摘し、「選挙結果は、東京が移設計画を効果的に実行できるかどうかという早急な課題に直面していることを示している」と分析。
 その上で、埋め立て承認後も「沖縄のほとんどは政治的、環境的、生活の質などの理由で新基地建設に反対している」と反対が強まっている現状を説明した。
 一方で、移設反対を公約に掲げている翁長雄志知事が計画を阻止する法的権限について、専門家らの「知事と市長が持つ権限は計画を中止するには及ばないが、両者による抵抗は進行を遅らせ、強力な政治的シグナルを発することも可能」との見方も伝えた。

 アメリカの方がリアルに現状認識をしているなあ。

« 1月17日 辺野古 | トップページ | ピケティ入門  『21世紀の資本』の読み方 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60995445

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古移設、実行力を注視 米議会報告書:

» 県警をめぐる支配・被支配と人事権の関係を図にしました [ペガサス・ブログ版]
一連の警察に関する記事をダイアグラムにまとめました. 「私の沖縄・広島日記」を参考に,県公安委員会の国家公安委員会に対する勧告権(警察法第50条第2項)も入れました.応援のクリック歓迎 pdfとワープロファイル(pages) 法文リンク:警察法,地方公務員法 警察法第二条(警察の責務) 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。 2  警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限ら... [続きを読む]

« 1月17日 辺野古 | トップページ | ピケティ入門  『21世紀の資本』の読み方 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31