« 辺野古に数十トンブロック投入 防衛局、作業を強行 | トップページ | 歴史教科書選定問題 請願、4カ月審議せず 「議事録作成に時間」川崎市教委が釈明 »

2015/01/28

津波と原発災害の象徴、富岡駅を解体 JR常磐線

 つい数日前に見てきたばかりだけど。

津波と原発災害の象徴、富岡駅を解体 JR常磐線(朝日新聞)

 東日本大震災の津波被害と原発事故の傷痕が残るJR常磐線富岡駅(福島県富岡町)で、JR東日本がホームの屋根や陸橋の解体を始めた。複合災害の象徴として大勢の見学者が訪れるため、施設の倒壊によるけがを防ぐという。
 常磐線は除染が完了せず復旧工事に入れないことや、利用者の見込みが立っていないことなどから、県沿岸部の竜田駅(楢葉町)―原ノ町駅(南相馬市)間で運行を見合わせており、再開の見通しは立っていない。
 東京電力福島第一原発から20キロ圏内にある富岡駅は2011年3月、大震災の津波で駅舎が流失。放射能汚染の心配などから富岡町全域が国の避難指示区域に指定された。13年3月に駅を含む町の大半で日中の立ち入りが可能になると、県内外の人々が駅を訪ね、草が生い茂る線路や崩れかけたホームの屋根を見学。閣僚もしばしば視察してきた。…

Photo 写真は、行ったときに撮影したもの。生々しく、津波の跡がのこり、一方で、立ち入りには制限もあり、まわりの建物はかなり危険な状況にあった。近くでは、廃棄物の処理場の建設もすすんでいる。だけど、戻れる展望はいまだないと言ってもいいのだろうけど。何とも言えない、現場ではあるのだけど。


« 辺野古に数十トンブロック投入 防衛局、作業を強行 | トップページ | 歴史教科書選定問題 請願、4カ月審議せず 「議事録作成に時間」川崎市教委が釈明 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/61049337

この記事へのトラックバック一覧です: 津波と原発災害の象徴、富岡駅を解体 JR常磐線:

« 辺野古に数十トンブロック投入 防衛局、作業を強行 | トップページ | 歴史教科書選定問題 請願、4カ月審議せず 「議事録作成に時間」川崎市教委が釈明 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31