« 「辺野古ノーが民意」 沖縄県庁前で集会 | トップページ | 「アベノミクス」は低所得層の暮らしをどう変えたか 生活保護1254世帯調査でわかった残酷な実態 »

2014/12/04

「生活変わらず」48% 契約・派遣ら「悪くなった」

 今日、新聞各紙が序盤戦の分析をおこなった。自民党は300にせまる勢いで、与党で3分の2をこえそうだと。うーん。だけど、その実態はと言えば…。

「生活変わらず」48% 契約・派遣ら「悪くなった」(東京新聞)

 衆院選に向けた本紙の世論調査では、東京都内の有権者に、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」で生活が変わったかどうかを聞いた。「変わらない」と答えた人が48%で最多だった。 
 「悪くなった」「やや悪くなった」の合計が28・5%。「良くなった」「やや良くなった」を合わせた23・4%を上回り、有権者は恩恵をあまり感じていないことが浮き彫りになった。
 職業別では、大半の職種で「悪くなった」が「良くなった」を上回った。「良くなった」「やや良くなった」が多かったのは、公務員・団体職員と農林漁業だけだった。
 良くなったに比べ、悪くなったとした人の多さが目立ったのは、契約社員や無職、学生など。契約・派遣・アルバイトは悪くなったが11・7%(良くなったは2・7%)、無職は16・1%(5・8%)、その他学生などは17・9%(5・6%)で、立場の弱い人ほどしわ寄せを感じているようだ。民間企業に勤める人は、ほぼ均等に分かれた。
 男女別では、「良くなった」と答えた人の64・7%が男性だったのに対し、「やや悪くなった」の55・6%と「変わらない」の59・9%が女性だった。女性のほうが前向きな変化を感じていなかった。…

 福島民友新聞は、安倍内閣の県内での支持率は35%で、昨年7月の参院選の調査と比べ21ポイント下落していると報じた。不支持は45%で参院選より11ポイント増え、支持と不支持が逆転したとも。安倍内閣への冷ややかな視線が強まっているのは間違いがないのに、300って。
 だけど、大事なのは、今回の調査では半数前後の人がまだ決めていないと答えていること。安倍さんへの批判の行き場がさだまっていないということも言える。しっかりとした批判と、対案、そして展望か。
 よし、がんばろうと思う。

« 「辺野古ノーが民意」 沖縄県庁前で集会 | トップページ | 「アベノミクス」は低所得層の暮らしをどう変えたか 生活保護1254世帯調査でわかった残酷な実態 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60759937

この記事へのトラックバック一覧です: 「生活変わらず」48% 契約・派遣ら「悪くなった」:

« 「辺野古ノーが民意」 沖縄県庁前で集会 | トップページ | 「アベノミクス」は低所得層の暮らしをどう変えたか 生活保護1254世帯調査でわかった残酷な実態 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30