« 集団的自衛権:日本周辺に行使限定 安保法制で政府方針 | トップページ | 日米防衛協力:ガイドライン見直し先延ばし「来年前半に」 »

2014/12/18

北星学園大の教員「市民の力の勝利」 元朝日記者の雇用継続

 やっぱりこのニュースには、ほっと一安心。だからクリップ。

北星学園大の教員「市民の力の勝利」 元朝日記者の雇用継続(北海道新聞)

 雇用継続の決定に、北星学園大の教員の一人は「これは市民の力の勝利だ」と言った。
 もし多数意見をとったら、継続はない―。これは学内の多くの見方だ。大学への脅し、嫌がらせの電話は700件以上、メールは2千件近く。個々の教授にもメールが来るほど深刻だ。
 だが、田村信一学長は多数決を選択しなかった。学外の流れは違ったからだ。
 10月6日、市民団体「負けるな北星!の会」が発足し、賛同人は海外10カ国32人を含む1200人を突破した。運動は手弁当。学生から年金生活者まで、必要な時に必要な人がメールで、喫茶店などに集まった。
 会の支援要請で声明を発表した団体は、日本ペンクラブなど20を超えた。「無料で講座をする」と大学に提案する著名人や個人でチラシ配布、カンパをする市民も現れた。伊藤誠一・元札幌弁護士会会長は歴代会長13人を訪ね協力を求めた。
 学校法人の理事会でも、雇用継続を求める理事らが他の理事たち一人一人を説得に歩いた。初めは小さな個人の動きが合流し、大きな流れとなった。
 「市民の力」と表現した教員は言う。「今回、確信した。民主主義は政治家や学者によって守られるものではない。市民が納得のいかないことに声を上げ、議論をし、自らも説明責任を果たすことでしか、実現しない」

 大学が脅迫に屈せば、学問の自由も、思想の自由もなくなってしまう。だから、これは一大学の問題ではなかった。全国がこの自由の問題に直面している、そういう問題だった。
 と、同時に、ことは、大学が孤立していてはたたかえない局面にもあった。そして、市民は大学を孤立させなかった。それが何よりだ。まだまだたたかえる!

« 集団的自衛権:日本周辺に行使限定 安保法制で政府方針 | トップページ | 日米防衛協力:ガイドライン見直し先延ばし「来年前半に」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60830917

この記事へのトラックバック一覧です: 北星学園大の教員「市民の力の勝利」 元朝日記者の雇用継続:

« 集団的自衛権:日本周辺に行使限定 安保法制で政府方針 | トップページ | 日米防衛協力:ガイドライン見直し先延ばし「来年前半に」 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30