« 「韓国に親近感ない」過去最悪更新66% 内閣府調査 中国は83% | トップページ | “消えた”子ども 少なくとも1000人余に »

2014/12/21

沖縄振興費減額も=普天間転換促す構え-安倍政権

 酷いなあ。やることが。

沖縄振興費減額も=普天間転換促す構え-安倍政権(時事通信)

 政府は、沖縄県の翁長雄志知事が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対していることを踏まえ、沖縄政策を見直す検討に入った。翁長氏に方針転換を促す狙いがある。増やし続けてきた沖縄振興費について、2015年度予算案での減額も視野に入れている。
 政府はこれまで、沖縄振興策を呼び水に普天間移設の進展を図る手法を取ってきた。カネと権限を盾に露骨に圧力をかけるような姿勢に出れば、沖縄県側が反発するのは確実で、移設問題の先行きを一段と不透明にする可能性がある。
 沖縄振興費をめぐり、安倍政権は13年度予算で3001億円、14年度予算で3501億円を計上した。11月の知事選で3選を目指した仲井真弘多前知事を後押しするため、15年度の概算要求では3794億円に上積みした。
 しかし、知事選では普天間飛行場の県外移設を訴えた翁長氏が勝利。同氏は16日の県議会で「辺野古に新基地を造らせないことを県政運営の柱にする」と表明し、仲井真氏による辺野古埋め立て承認の取り消し・撤回を目指す方針を改めて示した。
 翁長氏は15年度の予算要望のため週内に上京し、安倍晋三首相や、菅義偉官房長官ら関係閣僚と会談したい考え。しかし、菅氏は19日の記者会見で、正式な面会要請は届いていないと説明し、「会う予定はない」とも語った。政府関係者は沖縄振興費について「(14年度からの)減額もあり得る」と話している。 
 政府は今年3月、民間投資を呼び込むための国家戦略特区の対象の一つに沖縄県を指定したが、他の地域と比べ事業計画の策定が遅れている。首相は指定見直しも検討する構えで、18日には内閣府の関係者に「沖縄の出方を見ている」と語った。

 ほんとうに、酷い。沖縄をみすて、基地をおしつけて、経済的な困難をおしつけて。だけど言うことを聞かなければこんなことをするのか。
 だけど、カネと力で、脅すのはやっぱり権力者の奢りだ。それがどうしてわからないのか! 沖縄は負けない。ボクらも負けない。

« 「韓国に親近感ない」過去最悪更新66% 内閣府調査 中国は83% | トップページ | “消えた”子ども 少なくとも1000人余に »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60845048

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄振興費減額も=普天間転換促す構え-安倍政権:

« 「韓国に親近感ない」過去最悪更新66% 内閣府調査 中国は83% | トップページ | “消えた”子ども 少なくとも1000人余に »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30