« 「公約実現に全力」 翁長知事が就任会見 | トップページ | 「いても立ってもいられなくなった」…共産・不破元議長が9年ぶりに街頭演説 古都で安倍首相と“ニアミス” »

2014/12/11

「戦車より学校」 マララさんら平和賞受賞演説

 やっぱりこのニュース。自分のために記事をクリップ。

「戦車より学校」 マララさんら平和賞受賞演説(東京新聞)

 今年のノーベル平和賞授賞式が10日、ノルウェー・オスロの市庁舎で行われ、子どもや若者が搾取される問題に取り組み、教育を受ける権利を訴えるパキスタンのマララ・ユスフザイさん(17)=英国在住=とインドの人権活動家カイラシュ・サトヤルティさん(60)の2人に贈られた。マララさんは史上最年少での受賞。
 受賞演説でマララさんは「賞は私だけのものではない。教育を求める忘れられた子どもたち、変化を求める声なき子どもたちのものだ」と強調した。
 「なぜ“強い”といわれる国々は、戦争を起こす上ではたくましいのに、平和をもたらすことに弱腰なのか。戦車を簡単に造るのに、学校を造るのはなぜこれほど難しいのか」。大人たちに疑問を呈し、「今こそ行動に移す時。政治家や世界の指導者だけでなく、私たち全てが関わらなければならない。子どもたちが工場で過ごし、戦争で命を落とし、学校に行けずにいるのを、これで終わりにしよう」と呼び掛けた。
 マララさんは賞金の全額を自身の基金に寄付した上で、故郷に学校を建設する意思も明かした。「私の村には女子の中学校がない。友人が教育を受け、夢をかなえる機会を得られるようにしたい」と語った。
 イスラム過激派による女子教育抑圧を告発したマララさんは二〇一二年、下校途中にこの過激派から頭を銃撃され重体となったが、事件後に搬送された英国の病院で一命を取り留めた。…

 『わたしはマララ』を思い出しながら、読む。
 これが、その全文。
<マララさん>平和賞受賞演説テキスト(1)
<マララさん>平和賞受賞演説テキスト(2)

 戦車より学校かあ。「あたらしい憲法のはなし」を思い出すよねえ。9条の精神そのものでもあるのだろうなあ。

« 「公約実現に全力」 翁長知事が就任会見 | トップページ | 「いても立ってもいられなくなった」…共産・不破元議長が9年ぶりに街頭演説 古都で安倍首相と“ニアミス” »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60793489

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦車より学校」 マララさんら平和賞受賞演説:

« 「公約実現に全力」 翁長知事が就任会見 | トップページ | 「いても立ってもいられなくなった」…共産・不破元議長が9年ぶりに街頭演説 古都で安倍首相と“ニアミス” »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31