« 渋谷の3公園 年末年始閉鎖 「炊き出し妨害」計画の団体反発 | トップページ | 政府、鉄軌道の白紙検討 振興予算も減額 »

2014/12/27

大阪都構想:是非を問う住民投票 大阪府市議選と同日に

 ちょっとねえ。驚くような公明党の動き。

大阪都構想:是非を問う住民投票 大阪府市議選と同日に(毎日新聞)

 大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)らと公明党大阪府本部の幹部らが25日夜に会談した際のやりとりが26日、判明した。維新側は大阪都構想の根拠となる議案を2月の府・市両議会で早期に議決することを強く求めたうえで、都構想の是非を問う住民投票を、来年4月12日投開票の大阪府議選・大阪市議選と同日に実施したいと伝えた。住民投票で有権者の関心を高めて投票率を上げ、統一地方選を有利に進める狙いがあるとみられる。ただ、公明側は住民投票の実施までは賛成しているが、統一選との同日実施には「都構想が単一争点になってしまう」として慎重な姿勢を示している。
 関係者によると、会談では、都構想の制度設計をする法定協議会を今月30日に再開させることが決まった。都構想の協定書(設計図)も同日、提案される方針で、1月上旬に完成させるとの日程が議論された。協定書案を早期に完成させる場合、10月に府市両議会で否決された内容から大幅な修正はしない見通し。
 さらに、維新側は協定書議案について「2月中に議決を得たい」と公明に協力を求めたほか、橋下氏が「府・市議選と住民投票を同日に実施したい」との意向を示した。理由について橋下氏は「住民投票との同日実施は、選挙戦術としては当然」と説明したという。
 公明府本部の小笹正博幹事長(大阪市議)は26日、報道陣に、「大阪では維新が比例代表の第1党を取り、一定の民意がある事実を踏まえ、住民投票まで行こうと了承した」と住民投票実施まで協力するとの党の方針を認めた。一方で「今の協定書に基づいた都構想は反対だ」とも主張した。
 橋下氏は26日の市長記者会見で、公明との会談について「先方に聞いてくださいとしかいいようがない。法定協議会でしっかり議論する」などと語った。
 都構想の実現には府・市両議会での協定書議案の議決に加え、住民投票で有効投票の過半数の賛成が必要と法律で定められている。維新は現在、府・市議会とも過半数に満たないが、公明が賛成すれば議案は可決され、大阪市民を対象にした住民投票が可能になる。…

 総選挙で、橋下・松井が立候補するとかどうのこうのと言われていた段階から、公明党のやりとりが進んでいたのだろうしなあ。みごとな変身ぶりだなあ。橋下さんたちのほうも、共同代表・幹事長をやめたのは、民主との合流をめざす、江田さんとは違う方向に行くという意思表示でもあったということだよなあ。こちらのほうも、もういい加減にしてほしいぐらいのやりかただよなあ。そこには、国民の生活や意志などは全然存在しない。ただただ財界をめざすグローバル競争に勝つ国づくりに呼応した方向にすぎないわけだよなあ。
 今度はいよいよ、決着をつけるときでもあるのだと思う。

« 渋谷の3公園 年末年始閉鎖 「炊き出し妨害」計画の団体反発 | トップページ | 政府、鉄軌道の白紙検討 振興予算も減額 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60873254

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪都構想:是非を問う住民投票 大阪府市議選と同日に:

« 渋谷の3公園 年末年始閉鎖 「炊き出し妨害」計画の団体反発 | トップページ | 政府、鉄軌道の白紙検討 振興予算も減額 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31