« 「生活変わらず」48% 契約・派遣ら「悪くなった」 | トップページ | 〈私〉をひらく社会学 新刊 若者のための社会学入門 »

2014/12/05

「アベノミクス」は低所得層の暮らしをどう変えたか 生活保護1254世帯調査でわかった残酷な実態

 みわよしこさんのおなじみの連載。いろいろ考えさせられる。

「アベノミクス」は低所得層の暮らしをどう変えたか 生活保護1254世帯調査でわかった残酷な実態 ――政策ウォッチ編・第88回(ダイアモンド・オンライン)

 12月14日の衆議院選挙を前に、国防問題・原発問題を争点とした議論が盛んになっている。しかし真の争点は、社会保障と雇用ではないだろうか?
 今回は、2012年12月の第二次安倍政権成立後に行われた生活扶助削減・消費税増税が生活保護世帯にもたらした影響を中心に、この約2年間で社会保障がどのように変化したかを見てみたい。
車の故障によって失業した元タクシー運転手の悲痛な訴え
 生活保護を利用している1254世帯のうち86%が、「物価はとても上がった」「物価は上がった」と回答している。「アベノミクス」によるインフレ誘導が成功したことがもたらす、当然の結果であろう (引用元:院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 上げろ!生活扶助基準」)
 はじめに、一人の生活保護利用者・Aさんのメッセージを紹介したい。2014年11月5日に衆議院第一議員会館で開催された院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 上げろ!生活扶助基準」に寄せられた、生活保護利用者たちからのメッセージの一つである。
 Aさんは60歳になる単身者で、北海道札幌市に在住している。長年の間、タクシー会社に勤務するタクシー運転手であったAさんは、会社までの通勤に使用していた自動車の故障をきっかけとして失業した。折悪しく不況期であったため、修理も買い替えもできなかったのである。おそらくは、リースを利用することも不可能だったのであろう。
 収入を失ったAさんは公共料金を滞納し、ガスも電気も止められてしまった。兄が辛うじて家賃だけは払っていたため住まいを失うことはなかったが、冬季の札幌で暖房を使用することができないまま、「寝袋にくるまって」生き延びていたという。しかしAさんは厳寒期の2月、手元に残っていたテレホンカードで支援団体に連絡をとって生活保護の利用を開始し、生きて春を迎えることができた。
 現在のAさんは、うつ病を患いながらも障害者施設に勤務している。フルタイム勤務は困難なため、一日6時間のパートタイム勤務である。収入は生活保護基準以下なので、「補足性の原理」により、生活保護基準との差額を生活扶助費として受け取っている。
 Aさんの2013年からの暮らしぶりを、本人の言葉そのままで紹介しよう。…

ルポは次のようにすすんでいく。
・「いつもスーパーには午後8時過ぎに買いに行きます」
・国連勧告も無視して進められた生活保護制度の改悪
・「アベノミクス」の2年間が変えた暮らし
・食費や水道光熱費を節約、“ふつうの生活”を犠牲に

 日本の社会はただでさえ、福祉につながりにくい。昨日のクローズアップ現代では、
犯罪を繰り返す高齢者~負の連鎖をどう断つか~
 「検察は身寄りのない高齢者を起訴猶予にして福祉施設に橋渡しする支援などを始めた。さらに出所後の高齢者を地域の支援機関に引き合わせる仕組みも動き出している。居場所を作り、社会的孤立から犯罪に走る根っこを断つ試み。増え続ける高齢者犯罪の問題を考える」と。社会そのもの、政治そのものが、そういう福祉につなぐ機能がなくなっているもとで、法務分野によるとりくみ。うーん、どう受けとめればいいのか。

 そのなかで、政治は、そのつながりにくい福祉そのものを切り崩そうとしている。そういうなかで生まれた事態。ほんとうに、そんあな政治は許してはいけない。

« 「生活変わらず」48% 契約・派遣ら「悪くなった」 | トップページ | 〈私〉をひらく社会学 新刊 若者のための社会学入門 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

「検察は身寄りのない高齢者を起訴猶予にして福祉施設に橋渡しする支援などを始めた。さらに出所後の高齢者を地域の支援機関に引き合わせる仕組みも動き出している。居場所を作り、社会的孤立から犯罪に走る根っこを断つ試み。増え続ける高齢者犯罪の問題を考える」ということが主訴ではないかと言ったところで、「高齢者から多額のお金をだまし取ろうとする振り込め詐欺犯罪対策と称して、高齢者の皆様からは介護保険や医療保険で、騙し取ったお金を使って、こうした高齢者の皆様のための老人介護施設を整備し、生活保護受給者の皆様を、介護職員として働かせようとしているのではないかというのが、キャリアコンサルタントから見た本質的な見立てではないかと見破れば、これだけでも、自らがこのような卑劣極まりない振り込め詐欺犯罪を仕出かしておきながら、このような生活保護受給者の皆様を沖縄県民に置き換えれば、アメリカ軍兵士にストレス解消のために、風俗利用なんて恥知らずなことを口に出した、何処かの市長と同様、戦前の日本が仕出かした大日本帝国軍性奴隷制度の真実を裏付ける動かぬ証拠を、自ら曝け出してくれたものでしかないと見破れば、これだけでも、怒りなんていうものを通り越して聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんね。

世界的に見れば、結局のところ、日本という国は、精神的には極めて幼稚で傲慢なアダルトチルドレン国家に他ならないし、このままでは取り返しのつかないことを仕出かすのではないかという警戒心を抱かせ、一日も早く、精神科医にリファーする必要があるのではないかというのが、国際社会全体から見た、日本国に対する正しい認識であり、同時に、私たち日本人が自ら解決すべき課題である、というのが、これが指導レベルとしての国際社会全体から見た、私たち日本国に対する本質的な見立てなのではないかと見て間違いありませんね。

今度の総選挙では、これを逆手にとって、自らが、この課題と対決し、自民党ならびに公明党、次世代の党に入れるのと、これ以外に投票するのと、どちらの方がデメリットを小さくすることが出来るのか、ということで投票するというのは如何でしょうか。
くれぐれも、変な報道にだけは絶対に騙されることがない様に、ご留意する必要があることは言うまでもありませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60763366

この記事へのトラックバック一覧です: 「アベノミクス」は低所得層の暮らしをどう変えたか 生活保護1254世帯調査でわかった残酷な実態:

« 「生活変わらず」48% 契約・派遣ら「悪くなった」 | トップページ | 〈私〉をひらく社会学 新刊 若者のための社会学入門 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31