« 暴力と差別としての米軍基地 沖縄と植民地ー基地形成史の共通性 | トップページ | 米兵の飲酒緩和へ 午前0時まで全面解禁 在沖4軍 »

2014/11/26

昨年参院選は「違憲状態」 1票格差で最高裁判決

 まあ、どう言えばいいのか。選挙制度の問題と言えば「身を切る改革」ということが言われるけど、やっぱり要は民意の反映でしょう。お金のことは政党助成金でしょう。

昨年参院選は「違憲状態」 1票格差で最高裁判決(共同通信)

 「1票の格差」が最大4・77倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして二つの弁護士グループが選挙無効を求めた全国訴訟の上告審判決で最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は26日、選挙は「違憲状態」との判断を示した上で選挙無効の請求を退けた。
 原告側は今回初めて全47選挙区を対象に一斉提訴。計16件あった一審判決のうち広島高裁岡山支部が参院選で初の「違憲・選挙無効」を言い渡したほか、東京・大阪両高裁の2件が「違憲」、他の13件も「違憲状態」で「合憲」はゼロだった。
 弁護士グループは来月の衆院選後にも無効請求訴訟を起こす予定で、今回の判決が注目されていた。

 衆院の小選挙区制はもちろん、参院も一人区中心だから小選挙区制に近い。そこには構造的に問題がある。
 選挙制度では、そこをまずとうべきなのに。小選挙区中心の選挙制度になればなるほど、政治は有権者から遠くなっているのは否定できないことだと思うけど。

« 暴力と差別としての米軍基地 沖縄と植民地ー基地形成史の共通性 | トップページ | 米兵の飲酒緩和へ 午前0時まで全面解禁 在沖4軍 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60718756

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年参院選は「違憲状態」 1票格差で最高裁判決:

« 暴力と差別としての米軍基地 沖縄と植民地ー基地形成史の共通性 | トップページ | 米兵の飲酒緩和へ 午前0時まで全面解禁 在沖4軍 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31