« 太白山脈 | トップページ | 通史の方法: 岩波シリーズ日本近現代史批判 »

2014/11/09

私は王である

130226_oudearu_main これは昨日、見た映画。ちょっと難しい映画を見るのがつらくって、なんとなく、借りてみた。おきまりの、王(世子)と奴碑の入れ替わりもの、王の成長の物語である。だけど、結構、面白かった。
 韓国のドラマの根底に多くある、平等への飽くなき夢。それが通底しているし。日本と同じように、ある意味ではそれ以上に、新自由主義が席巻する。ゆっくり見られたのがいいなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 太白山脈 | トップページ | 通史の方法: 岩波シリーズ日本近現代史批判 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60626229

この記事へのトラックバック一覧です: 私は王である:

« 太白山脈 | トップページ | 通史の方法: 岩波シリーズ日本近現代史批判 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31