« 座談会 沖縄は決して新基地を許さない | トップページ | 池上氏のコラム、朝日新聞掲載へ 慰安婦報道に言及 »

2014/09/03

第2次安倍改造内閣の顔ぶれ

 いやあ、驚きますというか、やっぱりなあというか。

 これが安倍改造内閣の顔ぶれ。

 谷垣や二階は対中シフトなんて、報道される向きもあるけれど、内閣にしろ、自民党の執行部にしろ、むしろ純化したというのが、印象ではある。
 wikiで調べただけでも、日本会議国会議員団懇談会の所属の閣僚は改造前の13人から15人に、神道政治連盟国会議員懇談会は、14人から17人に増えている。ちょっと注目されるのは、自民党の再生をめざして、野党時代につくられた、超保守派議員連盟の創生「日本」(目的は、①伝統・文化を守る、②疲弊した戦後システムを見直す、③国益を守り、国際社会で尊敬される国にする)の幹部が、名をつらねていること。会長 安倍晋三を筆頭に、副会長 菅義偉 塩崎恭久 下村博文 高市早苗 副幹事長 有村治子 山谷えり子 事務局長代理 稲田朋美。うーん。どんなことがおこなわれていくのか。憲法をめぐる問題が底流にあるだけになあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 座談会 沖縄は決して新基地を許さない | トップページ | 池上氏のコラム、朝日新聞掲載へ 慰安婦報道に言及 »

政治」カテゴリの記事

コメント

そもそもが、この内閣の顔ぶれを見ただけで、心理学的な側面から見れば、「腐りきったアダルトチルドレン内閣」とでも命名されるのだとすれば、大して驚く様なことでもないし、怒りなんていうものを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言いようがありませんね。
中国にしてみれば、まんまと騙されたふりをしたところで、この「腐りきったアダルトチルドレン内閣」に対して、「アメリカのオバマ大統領にリファーして貰って下さい」ということにしかならないし、アメリカのオバマ大統領にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、この「腐りきったアダルトチルドレン内閣」に対して、「相談したければ、いつでも待っているから、よろこで精神科医を紹介してあげましょう」ということで応じて貰えば良いだけのことですよね。

これはもうキャリアカウンセリングで対応できるものではないことは言うまでもありませんし、これが生活保護受給者の就労支援なんていったところで、女性に対して、風俗でも働け、とか、男性に対しては、例えば中曽根大震災の尻拭いでもしたら良いですか、あるいは、ストレス解消のために風俗を利用して下さい、なんて恥知らずなことにでもなれば、これが振り込め詐欺でもやって、高齢者から多額のお金を騙し取ろうなんてことを仕出かすようなことにでも誘導するなんてことになれば、これだけでも、日本人男性を使い物にならない間抜け社員、女性をこの使い物にならない間抜け社員の性奴隷として好き勝手に弄ばせるためのキャリア教育なんてことになれば、これだけでも戦前の日本が仕出かした大日本帝国軍性奴隷制度なるものの真実を裏付ける動かぬ証拠を、見事に曝け出してくれたものでしかないと見破れば、所詮は、国民のためと言いながら、心を寄せる余裕もゆとりもないし、自分たちの都合のことしか考えない幼稚で傲慢なアダルトチルドレンに他ならないし、生きていけなくなるのではないかという不安や葛藤が、取り返しのつかないことを仕出かす危険性も十分に想定されるし、そうでなければ、メンタル不調に陥り、これが自殺や過労死に結びつく危険性も十分に考えられる」という見立てになるだけのことだとすれば、もうさすがに相手にしたくはないし、議論なんかしたくもないし、これこそ全体主義と個人主義の実存的対立を引き起こし、もうどうなろうと自らが選択した運命に他ならないし、自明のことでしかないと見破れば、誇りを持って、まんまと騙されたふりをすれば、沖縄県にしてみれば、それこそキャンプシュワブに、こうした心理カウンセリングをはじめ精神疾患のための診療所やリハビリテーション施設でも作ることで、アメリカから、優秀な精神科医でも送り込んで頂けるのならば、これに必要な介護ヘルパーや看護師等の人材であれば、中国、韓国、ベトナムからでも幾らでも受け容れてあげることで、このアダルトチルドレン内閣をはじめとする連中を幾らでも招待をしてあげて、精神科医による診断や心理カウンセリングでも受けていただくようにすれば良いだけのことではないでしょうか。

これならば、中国にしてみれば、ハニートラップでも日本に送り込んで来られるならば、まんまと騙されたふりをして、介護ヘルパーのみならず、万引きGメン、あるいは、ヘイトデモなんて恥知らずなことを仕出かすネトウヨや、物凄い抵抗を繰り返すだけの右翼連中を、幾らでも馬鹿にしてやり、コケにして頂くために、このハニートラップとしてのスキルを大いに活かして頂けるのであれば、警察にしてみれば、願ってもないことだし、これが振り込め詐欺犯罪対策で、協力してもらえるのであれば、厚生労働省による地域包括支援システムに警察の生活安全課も協力してもらうことになるのならば、日本社会全体にとって願ってもないことだし、これがメンタルヘルス対策で、例えば「健康職場モデル」や、ワークライフバランスの実現などを通じて、地域経済の活性化につながることになるのならば、日本全体にとっては願ってもない事だし、アメリカにとっても願ってもないことだし、中国にとっても願ってもないことだし、尖閣諸島に老人介護施設を作るのと同じことを、北方領土でするならば、これによりロシアと棚上げ合意にでも持ち込み、同時に北太平洋上における安全保障の担保も同時に取れることにでもなれば、カナダにとっても願ってもないことだし、北海道をウクライナに置き換えれば、サハリン州をクリミア自治共和国に置き換えれば、ロシアをはじめ、こうした中央アジア諸国にとっても良いロールモデルにでもなれば、全人類にとっても願ってもない事だし、地球規模での環境破壊も食い止めることになるのならば、何もいうこともないし、此れ程素晴らしいことはないし、此れ程喜ばしいこともないし、これだけでも大いに結構なことではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60254651

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次安倍改造内閣の顔ぶれ:

« 座談会 沖縄は決して新基地を許さない | トップページ | 池上氏のコラム、朝日新聞掲載へ 慰安婦報道に言及 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31