« 沖縄戦と心の傷 トラウマ診療の現場から | トップページ | 対馬丸の犠牲者慰める 「小桜の塔」遺族ら450人参列 »

2014/08/21

日本軍「慰安婦」被害者 少女の物語 〈3DアニメDVD付き絵本〉

Image 3Dの画像に文字をつけた絵本に、3DアニメのDVDがついている。しかし、内容の基本は、チョン・ソウンさん(1924~2004)の生前のインタビューをそのまま使用して作られたもの。チョン・ソウンさんは、日本人に抵抗した罪で投獄された父の身代わりに日本へ働きに出るつもりだったが、実際にはだまされて日本軍「慰安婦」としてインドネシアのジャワ島のスマランへ連行された。その体験、「慰安所」での暮らしなどが語られる。内容は、とても抑制的で、だからこそ少女の悲しみと無念が伝わる。
 もちろん、絵本やアニメと言っても、子ども向けのものではない。被害者が、亡くなられていくなかで、この歴史事実をどうこれからの世代に継承していくのか。そういう点でも新しい試みと言えるだろうか。なかなか、体験そのものを聞く機会が減ってきていることも、この問題についての国民的共通認識をつくることの難しさの要因でもあるだけに、多くの人に手にとってもらいた一冊だと思った。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 沖縄戦と心の傷 トラウマ診療の現場から | トップページ | 対馬丸の犠牲者慰める 「小桜の塔」遺族ら450人参列 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

韓国にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、これを元にした韓流ドラマでも作り上げて、これをNHKのBS放送で放送するのならば、これに対しては、まんまと騙されたふりをして、幾らでも日本国内ばかりでなく、中国をはじめアメリカやロシア、ドイツやフランス、イギリス等、世界中に幾らでも誇りを持って発信して、戦前の日本を幾らでも辱め、靖国神なんか、幾らでも冒涜させ、日本会議をはじめとする右翼連中による物凄い抵抗なんか、幾らでも無視をするだけでなく、幾らでも誇りを持って馬鹿にしてやり、幾らでも肩身の狭い思いをさせ、幾らでも泣き崩し、物凄い痛みを被り、物凄い恨みを勝手に分かち合い、物凄い憎しみを勝手に分かち合い、深い悲しみを勝手に分かち合いながら、とっととくたばって逝かれるのを、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、見届けながら、そっと静かに歴史の闇の中に葬り捨ててしまうための「逆転の罠」として利用していくというのは如何でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60186442

この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍「慰安婦」被害者 少女の物語 〈3DアニメDVD付き絵本〉:

« 沖縄戦と心の傷 トラウマ診療の現場から | トップページ | 対馬丸の犠牲者慰める 「小桜の塔」遺族ら450人参列 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30