« 在日コリアンへのヘイトスピーチと インターネット利用経験などに関する 在日コリアン青年差別実態アンケート調査報告書 (第二次中間報告案) | トップページ | ブイ、辺野古に搬入 きょうにも浮桟橋を設置 »

2014/07/21

生活保護問題対策全国会議 設立7周年記念集会 「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」

10502189_739944256066322_3695297824 昨日は、表題の集会に参加しに、四ッ谷へ。四ッ谷はやっぱり都会ですねえ。お昼ご飯を食べる時間がなかったので、コンビニでおにぎりを買って、路上でパクパク。ははは。
 さて、集会で、いろいろな人に会う。まあ、それが目的。
 で、プログラムは 基調講演「生活保護バッシングは何をもたらしたのか」安田浩一さん。もちろん、在特会のヘイトスピーチの話。攻撃の対象が生活保護でもあるわけで。ふんだんに映像をつかう。もちろん知っていることだけど、だけど、まとまって見聞きすると、やっぱりしんどい。それぐらいのことがおこなわれている。しかも、それをやっているのは、普通の人々。多様な。そして共通するのが、被害者意識だと。
 特別報告「シングルマザー調査から見えるもの」が大阪の徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループ代表)。桃谷あたりで活動する。なかなかやるなあ。調査からいろいろことが浮き彫りになるが。複合的で、深く病む。もう1つの特別報告「就学援助制度と子どもの貧困対策を考える」が青砥恭さん。就学援助のデータから見えることを示しながら、自身のとりくみを紹介。
 それからリレー報告。「基準引き下げ・法「改正」はDV被害者に何をもたらすか」吉祥眞佐緒さん、 「ハウジングプアと『住宅扶助基準の引き下げ』」稲葉剛さん、「大阪で今、何が起きているか」普門大輔さん(弁護士・大阪市生活保護行政問題調査団事務局長)、「生活保護基準引き下げにどう対抗するか」安形義弘さん(全国生活と健康を守る会連合会会長)、徳武聡子さん。全国のおもだった取り組みの方向を確認。これは、ボクにとってはとっても大事だった。まとめは、尾藤廣喜さん。2万人の朝日さんの話に勇気づく。
 とてもいい集会でした。

 夜は、学習会の講師で帰ってきた、相方と二男と、四ッ谷でイタリアン(というか、二男の大好きなピッツァ)。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 在日コリアンへのヘイトスピーチと インターネット利用経験などに関する 在日コリアン青年差別実態アンケート調査報告書 (第二次中間報告案) | トップページ | ブイ、辺野古に搬入 きょうにも浮桟橋を設置 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/60022251

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護問題対策全国会議 設立7周年記念集会 「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」:

« 在日コリアンへのヘイトスピーチと インターネット利用経験などに関する 在日コリアン青年差別実態アンケート調査報告書 (第二次中間報告案) | トップページ | ブイ、辺野古に搬入 きょうにも浮桟橋を設置 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31