« 「自分に自信」の子が増加 「親は頼りになる」9割超 内閣府、小中学生調査 | トップページ | 不登校:中3、進学85% 受け入れ整備で上昇−−文科省調査 »

2014/07/10

辺野古にジュゴン食跡110本 自然保護協会が確認

 辺野古の工事が強行されつつあるいま、自然環境団体が強い怒りを表明した。

辺野古にジュゴン食跡110本 自然保護協会が確認(琉球新報)

 日本自然保護協会(亀山章理事長)は9日、環境省で記者会見を開き、名護市辺野古の米軍普天間飛行場代替施設建設予定地で、ことし5月からの約2カ月間で絶滅危惧種ジュゴンの食跡が合計110本以上確認されたと発表した。同協会は、埋め立て事業の中止と辺野古大浦湾の保全を求めた。環境影響評価の再実施を国や県に働き掛けていく考え。
 同協会によると、「北限のジュゴン調査チーム・ザン」が5月16日~7月5日までの間、埋め立て予定地周辺で調査を10回実施し、キャンプ・シュワブ沿岸域の美謝川河口付近などで食跡が確認された。ジュゴンは浅瀬の藻場を利用していると考えられていたが、水深19・6メートルの深場にある藻場でも食跡が確認されたという。同協会はシュワブ周辺の海草藻場で「ジュゴンの利用頻度が増加している」と分析している。
 同協会によると、埋め立て区域周辺にある長島では、サンゴ礫(れき)が付着して成長した鍾乳石が国内で初めて確認された。鍾乳石は現在でも形成中とみられ、同協会は「詳しい調査を実施すべきだ」としている。

 実は、この「北限のジュゴン調査チーム・ザン」の調査については、1週間ほど前に琉球朝日放送のニュースでとりあげられている。こちらは動画付で必見。ぜひ!

 そして「北限のジュゴン調査チーム・ザン」のブログはこちら。

 台風は大丈夫だったかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「自分に自信」の子が増加 「親は頼りになる」9割超 内閣府、小中学生調査 | トップページ | 不登校:中3、進学85% 受け入れ整備で上昇−−文科省調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/59958890

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古にジュゴン食跡110本 自然保護協会が確認:

« 「自分に自信」の子が増加 「親は頼りになる」9割超 内閣府、小中学生調査 | トップページ | 不登校:中3、進学85% 受け入れ整備で上昇−−文科省調査 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30